ヘブライ人への手紙 6章
1.次の(  )に入る言葉は何でしょうか。
「だからわたしたちは、死んだ行いの悔い改め、神への信仰、種々の洗礼についての教え、
手を置く儀式、死者の復活、永遠の審判などの基本的な教えを学び直すようなことはせず、
キリストの教えの(  )を離れて、成熟を目指して進みましょう。」

核心 初歩 完成 律法
2.次の(  )に入る言葉は何でしょうか。
「…再び悔い改めに立ち帰らせることはできません。
神の子を自分の手で改めて(  )につけ、侮辱する者だからです。」

後ろ 聖卓 十字架 祭壇
3.次の(  )に入る言葉は何でしょうか。
「わたしたちは、あなたがたおのおのが最後まで希望を持ち続けるために、
同じ(  )を示してもらいたいと思います。」

豊かさ 感動 熱心さ
4.次の(  )に入る言葉は何でしょうか。
「そもそも(  )は、自分より偉大な者にかけて誓うのであって、
その誓いはあらゆる反対論にけりをつける保証となります。」

人間 祭司 信仰者
5.次の(  )に入る言葉は何でしょうか。
「わたしたちが持っているこの希望は、魂にとって頼りになる、安定した錨のようなものであり、
また、至聖所の垂れ幕の(  )に入って行くものなのです。」

すき間 内側 外側