ヘブライ人への手紙 7章
1.次の(  )に入る言葉は何でしょうか。
「メルキゼデクという名の意味は、まず『義の王』、次に『サレムの王』、つまり『(  )の王』です。」

平和
2.次の(  )に入る言葉は何でしょうか。
「なぜなら、メルキゼデクがアブラハムを出迎えたとき、レビはまだこの父の(  )の中にいたからです。」


3.次の(  )に入る言葉は何でしょうか。
「というのは、わたしたちの主が(  )族出身であることは明らかですが、この部族についてはモーセは、
祭司に関することを何一つ述べていないからです。」

ダン ユダ レビ ルベン
4.次の(  )に入る言葉は何でしょうか。
「というのは、このいけにえはただ(  )、御自身を献げることによって、成し遂げられたからです。」

七度 一度 二度 三度
5.次の(  )に共通して入る言葉は何でしょうか。
「(  )は弱さを持った人間を大祭司に任命しますが、(  )の後になされた誓いの御言葉は、
永遠に完全な者とされておられる御子を大祭司としたのです。」

律法 福音 祭司 キリスト