ルカによる福音書14章
1.次の(  )に入る言葉は何でしょうか。
「『安息日に病気を治すことは律法で許されているか、いないか。』彼らは(  )いた。

叫んで 泣いて 笑って 黙って
2.次の(  )に入る言葉は何でしょうか。
「だれでも高ぶるものは(  )され、へりくだる者は(  )られる。」

低く、低め 低く、高め 高く、高め 高く、低め
3.大宴会のたとえの中で、大勢の人を招いたのに断わられた主人は僕に何と言ったでしょうか。
無理にでも人々を連れてきなさい
宴会はもうおしまいだ
食事をすべて捨ててしまいなさい
断った人を呪うように
4.次の(  )に入る言葉は何でしょうか。
「だから、同じように、自分の(  )を一切捨てないならば、あなたがたのだれ一人としてわたしの弟子ではありえない。」

重荷 言葉 持ち物 感情
5.イエス様が塩気のなくなった塩の話をされたとき、最後に何と言ったでしょうか。
聞く耳のある者は聞きなさい
語る舌のある者は語りなさい
嗅ぐ鼻のある者は嗅ぎなさい
見る目のある者はよく見なさい