ローマの信徒への手紙3章
1.次の(  )に入る言葉は何でしょうか。
「では、ユダヤ人の優れた点は何か。割礼の利益は何か。
それはあらゆる面からいろいろ指摘できます。まず、彼らは(  )をゆだねられたのです。」

割礼 祭司職 律法 神の言葉
2.次の(  )に入る言葉は何でしょうか。
「しかし、わたしたちの(  )が神の義を明らかにするとしたら、それに対して何と言うべきでしょう。」

信仰 聖霊 不義 悔い改め
3.次の(  )に入る言葉は何でしょうか。
「では、どうなのか。わたしたちには優れた点があるのでしょうか。全くありません。
既に指摘したように、ユダヤ人もギリシア人も皆、(  )にあるのです。」

罪の下 救いの下 律法の下 福音の下
4.次の(  )に入る言葉は何でしょうか。
「なぜなら、律法を実行することによっては、だれ一人神の前で義とされないからです。
律法によっては、(  )しか生じないのです。」

魂の救い 罪の自覚 言い争い 限界の発見
5.次の(  )に入る言葉は何でしょうか。
「なぜなら、わたしたちは、人が義とされるのは律法の行いによるのではなく、(  )によると考えるからです。」

信仰 遺伝 修行 割礼