本文へスキップ

TEL. 075-611-2790

〒612-8039 京都市伏見区御香宮門前町184



ショートメッセージ2014年9月

9月28日 聖霊降臨後第16主日(マタイ21:28〜32) ―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

「ところで、あなたたちはどう思うか。ある人に息子が二人いたが、彼は兄のところへ行き、『子よ、今日、ぶどう園へ行って働きなさい』と言った。
(マタイによる福音書21章28節)

 イエス様はエルサレムに入られました。ご自分の十字架での死を予告しエルサレムに向かったイエス様。その神殿の境内で、二人の息子のたとえを語られます。
 ある人が自分の二人の息子に言います。「ぶどう園へ行って働きなさい」と。その父親に対して、二人の息子はそれぞれ違った反応を示すわけです。一人は、「いやだ」と言いながら後から考え直してやっぱり行った、もう一人は「はい」と言いながら行かなかった。
 兄は答えます。「いやです」と。「いやです」。この言葉だけを見ると、単純に親の命令を拒否したようにも思えます。しかしこのたとえを最後まで見てみると、この兄とは徴税人や娼婦たちのことであることがわかります。
 徴税人や娼婦たち、彼らはユダヤ人の中で嫌われ、蔑まれ、関わることをも拒まれていた存在でした。イスラエルの宗教指導者たちは、彼らとの交わりを拒否していました。しかしイエス様は彼らを招き、共に食事をされるのです。
 イエス様との出会いによって、徴税人や娼婦たちは悔い改めます。そして神さまの方へ向きなおる彼らは、赦しを与えられます。神の国へと招き入れられるのです。
 他方、弟は「お父さん、承知しました」と言っておきながらぶどう園には出かけませんでした。ぶどう園とはどこなのでしょうか。弟、つまり宗教指導者たちの思うぶどう園と、父が言ったぶどう園とは同じ場所なのでしょうか。
 宗教指導者たちは神さまの言葉を伝えることに熱心でした。でもそこには境界線があったのです。自分たちのような律法を忠実に守っている人たちと共に神さまに従う、それがぶどう園で働くこと。律法を守らないいわゆる罪人と呼ばれる人たちがどんなに苦しんでいても、悲しんでいても、自分たちは関わらない。
 しかしイエス様は、会堂にこもって教えていたわけではありませんでした。貧しい人、悲しんでいる人、社会からのけ者にされていた人たちと共に歩み、食卓を囲み、招かれる、その場所こそがぶどう園なのです。
 わたしたちも、イエス様が寄り添ってきた人々と共に歩き、一緒に生きていくときに、わたしたち自身、ぶどう園に行っているのだと思います。
 「子よ、今日、ぶどう園へ行って働きなさい」。今この時にも聞こえる神さまの声に、あなたはどのように答えますか。

9月21日 聖霊降臨後第15主日(マタイ20:1〜16) ―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

自分の分を受け取って帰りなさい。わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。
(マタイによる福音書20章14節)

 これはあるぶどう園での話です。収穫の時期なのでしょうか、ぶどう園の主人は働き手を雇うために、夜明けに広場に行きます。広場には、その日働く場所を求めて労働者が集まっていました。主人はその中から何人かを選んで、ぶどう園に送ります。しかし、作業が追い付かなかったのか、主人は9時にも、12時にも、3時ごろにも、そして5時ごろにも広場に行って、人々をぶどう園へと送り込むのです。
 ここまではまだありえる話です。しかし賃金を支払う場面で考えられないことがおこりました。主人はまず最後にぶどう園にきた人を呼びます。その手に渡されたのは1デナリオンという金額、最初に雇われた人たちが約束された金額で、当時1日の労働に対して支払われる平均的な対価でした。
 考えてみてください。5時からぶどう園に来た人は夕方に賃金が支払われるまでに、どれだけ働けたというのでしょう。せいぜい1時間でしょうか。それに5時まで誰にも雇ってもらえなかったのは、何か理由があったのかもしれません。年齢、体格、顔色…。そうだとしたら、たった1時間で何ができるというのでしょうか。しかし彼らの手にはまぎれもなく1デナリオンという、今日一日生きていくことのできる報酬が与えられたのです。
 夜明けから働いていた人たちはその様子を見ていました。彼ら最後に来た人たちが1デナリオンだったら、夜明けから働いた自分たちの手には、少なくとも10デナリオンは渡されるだろう。しかしその期待をよそに、彼らが手にしたのは最後に来た人たちと同じ金額、1デナリオンでした。
 天の国は次にようにたとえられる。そう最初に言って、イエス様はこのたとえを話し始められました。現実社会だったらありえない、聞いている人が皆、眉をひそめるような話をされたのです。天の国のたとえとして。
 天の国は不平等だといいたいのでしょうか。いいえ、そうではありません。よく聖書を見ますと、すべての人たちにある共通点が見られます。それはすべての人は例外なく、主人によって見つけられ、呼ばれ、ぶどう園に招かれたということです。誰も自分の力でぶどう園に入ったのではない。ただ主人の目にとまり、一方的に連れてこられた。天の国はそういうもの。つまり神さまが一方的にわたしたちを見つけ、呼び、招かれる場所なのです。わたしたちがいただく1デナリオンは労働の対価ではなく、神さまがわたしたちに与えられる恵み、この1日を歩む力なのではないでしょうか。
 神さまからのお恵みに深く感謝しましょう。

9月14日 聖霊降臨後第14主日(マタイ18:21〜35) ―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

あなたがたの一人一人が、心から兄弟を赦さないなら、わたしの天の父もあなたがたに同じようになさるであろう。
(マタイによる福音書18章35節)

 ある王様の所に、一人の家来が連れてこられます。その家来、1万タラントンの借金をしていたそうです。1万タラントンとは現代の貨幣価値に換算すると、およそ6000億円。王様に6000億円の借金をした家来、非現実的です。ありえない話です。当時ヘロデ王が治めていた土地の歳入は900タラントンといわれています。1万タラントンはその10倍以上なのです。
 このたとえを聞いていた人たちは、思ったことでしょう。そんな借金まみれの男は赦してはいけない、牢に入れてしまえと。しかし王様はそんな彼を憐れに思い、赦し、借金を帳消しにします。聞き手の、わたしたちの想像をはるかに超えたその憐みの行動は、わたしたちの理解を超越します。そしてこの王様の行為こそ、天の国はこのようにたとえられるとイエス様が言われた、神さまの行為そのものなのです。
 ところが物語はここで終わりません。たった今6000億円という巨大な借金を帳消しにしてもらったばかりのその家来は、自分に借金をしている別の男とばったり出会います。彼の借金は100デナリオン。家来が赦してもらった借金のわずか60万分の1ですが、その額は100万円。決して小さな額ではありません。家来はその人に出会うと、捕まえて首を絞め、「借金を返せ」と迫ります。
 この家来がたった今、王様に赦されたばかりだということを知っている聞き手は、この出来事を不快な思いで聞いていたのではないでしょうか。しかしこのたとえ話の最後に、イエス様はこのように言われるのです。
 あなたがたの一人一人が、心から兄弟を赦さないなら、わたしの天の父もあなたがたに同じようになさるであろう。
 この言葉はわたしたちにこう迫ります。わたしたちこそが、多額の借金を赦してもらったにもかかわらず、仲間を赦さなかった家来、その人なのだと。
 わたしたちは、この家来を自分のこととして捉えることができないかもしれません。しかしイエス様の十字架が、自分たちのためだったということ、わたしたちの借金、罪をあがなうために、イエス様が十字架への道を進まれたことに気づかされた時に、わたしは赦された家来なのだという確信を持つことができるのです。
 このたとえ話は誰の物語でしょうか。自分のことしか考えなかった家来の物語でしょうか。それともわたしたちの物語でしょうか。わたしたちは日常の中で、この家来と同じ振る舞いをしてはいないでしょうか。神さまは大きな憐みをもってわたしたちを赦してくださいました。そのわたしたちにとって、自然な行為とは人を赦すことです。愛することです。人のために心から祈ることなのです。

9月7日 聖霊降臨後第13主日(マタイ18:15〜20) ―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。
(マタイによる福音書18章20節)

 今週の福音書はマタイによる福音書18章15節から20節ですが、新共同訳聖書はここに「兄弟の忠告」という小見出しをつけています。そこには、兄弟(教会に集う人たち)が自分に対して罪を犯した時にどうしたらよいかが書かれています。
 ここだけを読むと、いわゆる「罪」を犯した人をどのように対処すべきか、そういう人をどう扱うべきか、つまり「裁き」という意味合いが強いように感じられます。しかし、この18章全体を見てみると、「赦し」のメッセージが前面に出ており、その文脈の中でわたしたちはこの箇所を読む必要があるように思います。
 罪を犯した兄弟がゆるしの中に加えられるよう、何度も努力しなさいと伝えられるイエス様。それでも聞き入れない人は異邦人や徴税人と同様に見なすようにと、イエス様は言われます。しかし聖書を読んでいくと、イエス様はそれら異邦人や徴税人と呼ばれる人たち、そして罪人たちと共に食卓を囲まれるのです。
 こう考えていきますと、イエス様はそれらの人々をも救いの中に招かれているように思えます。この18章には迷い出た羊のたとえというものもあります。神さまは100匹の羊のうち、たった一匹が迷ってしまってもその羊を捜しに行かれる。100人のうち、たった一人が他人に罪を犯して交わりから離れてしまっても、その一人のために労力を惜しまないのです。そしてわたしは思うのです。わたしはイエス様のそばにいた99人の中にいるのだろうか。それとも罪を犯して離れて行った一人なのだろうかと。
 わたしたちはイエス様に招かれています。イエス様はたとえわたしたちが罪深い者であったとしても、「だから、あなたを招きにきた」と言われ、そしてわたしたちの交わりの中にいてくださいます。
 「二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである」
 この言葉、わたしは大好きです。わたしたちが祈る時、賛美する時、また神さまに助けを求める時に、そこには必ずイエス様がいてくださる。わたしたちと共に喜び、歌い、悲しみの涙を流されるイエス様を感じることができるのです。
 このような罪深いわたしたちを招き、共にいてくださるイエス様の大きな愛を感じ、その喜びを多くの人と分かち合いましょう。

バナースペース

日本聖公会 桃山基督教会

〒612-8039
京都市伏見区御香宮門前町184

TEL 075-611-2790
FAX 075-611-2790