本文へスキップ

TEL. 075-611-2790

〒612-8039 京都市伏見区御香宮門前町184



ショートメッセージ2016年8月

8月28日 聖霊降臨後第15主日(ルカ14:1,7〜14―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

イエスは、招待を受けた客が上席を選ぶ様子に気づいて、彼らにたとえを話された。
(ルカによる福音書14章7節)

 イエス様は安息日にファリサイ派のある議員の家の食事に呼ばれました。当時のユダヤの食事は社会的な儀礼としての側面が強く、どこで、だれと食事をするのかということがとても大切にされていました。さらにどの席につくとよいのかということも大事です。この食事に様子で、その人の社会的なステータスがわかりました。
 だから人々が上席を好むのは、自分がそれだけの地位にあると考えるからでした。つまり自分はその場所にふさわしい者だと考えたのです。上席から末席を見下ろして、自分のおかれた場所に満足する。それが食事の風景だったのですね。その様子をイエス様は見ておられました。そして神の国のたとえを話されます。
 イエス様は言われます。「婚宴に招待されたら」と。婚宴とはまさに、神の国の宴会を意味します。もしわたしたちがそのような婚宴に招待されたら、どうするでしょうか。そもそもわたしたちは、神の国の宴に招かれるにふさわしい者なのでしょうか。ユダヤの食卓でも、わたしたちの食事会でも、招待されるのは、それなりの理由がある人たちです。友人であったり、兄弟、親戚であったり。あるいは利害関係があったり。ではわたしたちと神さまとは、そのような関係にあったでしょうか。
 わたしたちのうち、誰一人として、自分だけの力で神の国の食卓に行くことのできる人などいません。神さまはわたしたちを、一方的に呼ばれました。わたしたちが何か素晴らしいことをしたからでも、わたしたちに神の国を受け継ぐ権利があるからでも、なんでもありません。ただ、神さまは、わたしたちを呼ばれた。わたしたちに神の国の宴会の招待状をくださった。神さまの大きなお恵みのうちに、わたしたちはその食卓へと招かれているのです。
 わたしたちは、神の国の食卓では場違いな者です。顔すら上げることもできない。わたしたちは神さまから一方的に、圧倒的な恵みを与えられました。自分の本当の姿と神さまの愛とを考えたときに、末席にすらいることができない。それがわたしたちなのではないでしょうか。
 その思いの中、末席ですくんでしまっているわたしたちに、招いた人は言ってくれます。「さあ、もっと上席にすすんでください」。「さあ」と訳されている語は「友よ」という言葉です。自分はこの場にふさわしくないという思いの中、じっと固まっているわたしたちの元に来て、「友よ」と声をかけてくださる。神さまはこんなわたしたちを招いてくださるだけではありません。友として近くに呼び寄せてくださいます。それが神さまの愛なのです。

8月21日 聖霊降臨後第14主日(ルカ13:22〜30―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

狭い戸口から入るように努めなさい。言っておくが、入ろうとしても入れない人が多いのだ。
(ルカによる福音書13章24節)

 「狭い戸口から入るように努めなさい」。このようにイエス様は言われます。わたしたちはこの言葉を聞いたときに、二つの道があったら困難な道を選びなさいと言われているように思うかもしれません。しかし今日の箇所で伝えようとされているのは、果たしてそれだけでしょうか。
 イエス様はどのような状況でこの言葉を言われたのでしょうか。このようにあります。「イエスは町や村を巡って教えながら、エルサレムへ向かって進んでおられた」。エルサレムに向かうとは、十字架の受難へと向かうということです。つまり今日の場面でイエス様は、ご自分の十字架を意識しながら従っていた人たちに対して教えていたのです。
 イエス様はすでに二度、ご自分が十字架にかけられることを予告されていました。死がもうすぐそこまで迫ってきているのです。だから今、たくさんのことを伝えないといけない、そう思っていたでしょう。自分がそばにいなくなったとしても、これだけはわかっていてほしい。その一つが「狭い戸口から入るように努めなさい」という教えなのです。
 では、狭い戸口とはいったい何なのでしょうか。身軽な人だけが通れるものでしょうか。それとも身体にまとわりつくたくさんの物を捨てることができる人だけが入ることのできるものでしょうか。わたしたちは、このような聖書の言葉を聞くと、とても悲しくなることがあります。なぜなら捨てられないからです。いろんなものを抱えたままで歩いていきたい、そう思ってしまうからです。ではイエス様はそのようなわたしたちに、「あなたたちは救われることなどない」と伝えたかったのでしょうか。そうではないと思います。
 わたしはこれまでの人生の中で、自分の力で「狭い戸口」を選んではきませんでした。しかし結果的に「狭い戸口」に向かわされているように感じます。イエス様に従うと決心したとき、いつの間にか道が狭められていったように思うのですね。
 イエス様は十字架を背負い、神さまとわたしたちとの間にある大きな溝を十字架で埋めて、わたしたちが神さまへと向かえるように、道をそなえてくださいました。その十字架によって切り開かれた道の入り口が「狭い戸口」なのです。
 その戸口は、自分の力で探すことはできません。ただイエス様によってのみ、わたしたちは導かれます。イエス様の招きに応じてはじめて、わたしたちの救いの道は開かれるのです。

8月14日 聖霊降臨後第13主日(ルカ12:49〜56―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

あなたがたは、わたしが地上に平和をもたらすために来たと思うのか。そうではない。言っておくが、むしろ分裂だ。
(ルカによる福音書12章51節)

 わたしたちは聖書の言葉の中から、自分に都合がよく、心地よいみ言葉だけを選び取っていることがあると思います。しかし聖書を読んでいますと、聖書の言葉は決して耳に心地よく、口に甘いだけのものではないことに気づかされます。
 さて、イエス様は今日の言葉をエルサレムに向かう道の途中で語られました。すでに二度、ご自分が十字架によって殺されるということを予告されていました。イエス様は懸命に伝えます。自分に従うとはどういうことなのかを。その中で語られた、「あなたがたは、わたしが地上に平和をもたらすために来たと思うのか。そうではない。言っておくが、むしろ分裂だ」という言葉は、聞いている人を震え上がらせたことと思います。
 実は今日のみ言葉を聞く中で、わたしたちが心に留めないとならないところはここです。わたしたちは今、イエス様の言葉を聞いて、その場にいた人と同じように震え上がっていますか。それとも、他人事のように受け取っているのでしょうか。
 イエス様のみ言葉は、今も聖書を通して、わたしたち一人ひとりの心に届けられています。しかしわたしたちは、心地よい言葉であればもっと聞きたいと願うものの、厳しい言葉には耳を閉ざしてしまうのです。聞いても頭の中を素通りしてしまう、そのような覚えはありませんか。それらの厳しいみ言葉にも耳を傾けるように、それこそイエス様が今日、わたしたちに与えられたメッセージなのです。
 イエス様は言われます。わたしが来たのは地上に火を投ずるためだと。火はすべてを焼き尽くす、裁きのイメージを持ちます。同時に火は清くするものだと考えられています。裁きと清めという二つは、まったく相対するものです。火を投じるイエス様はわたしたちに問います。火が投じられたときに、あなたたちはどちらにいるのか。裁かれる側か。それとも清められる側かと。
 イエス様は一人一人に対して言われます。わたしに従うか否か。あなたはどうなのかと。一対一の関係の中で、「あなたはどうするのか」と問われているのです。
 わたしたちの決断は、決して簡単なことではありません。何かを捨て、それまでの生き方に背を向けることも意味するでしょう。しかしその決断がなければ、わたしたちは命に結ばれないのです。イエス様に近づくことができないのです。
 わたしたちが命を選んだとき、そこに分裂が生じることもあるでしょう。当然です。イエス様は一人ひとり個別に声を掛けられるのですから。しかしわたしは思います。今、離れてしまった人にところにも、必ずイエス様は手を差し伸べられるのです。そのときに、わたしたちがイエス様と共に働くことができれば、どれほどうれしいことでしょうか。

8月7日 聖霊降臨後第12主日(ルカ12:32〜40―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

小さな群れよ、恐れるな。あなたがたの父は喜んで神の国をくださる。
(ルカによる福音書12章32節)

 今日の福音書はわたしたちに、「思い悩むな、恐れるな」と伝えます。わたしたちはなぜ思い悩まなくていいのか、どうして恐れる必要がないのか。それが今日の箇所で一番大切なことです。
 「あなたがたの父は喜んで神の国をくださる」。これが、イエス様が与えてくださった約束です。神の国をくださる。でもどうでしょうか。正直ピンとこないかもしれません。それは神の国というイメージが、あまりにもわたしたちを取り巻く環境とは、かけ離れているからかもしれません。
 連日のように、テロや無差別殺人のニュースが舞い込んできます。自然災害や貧困問題など。わたしたちの周りにも、その日必要な食事すらとることができない人が多くいます。その現実に目を向けさせられたときに、わたしたちはなすすべもなく、どうすることもできない自分の姿に気づかされるのではないでしょうか。でもその現実に直面しているわたしたちに、イエス様は「恐れるな」と言われるのです。それも、「小さな群れよ、恐れるな」と。
 小さな群れというのは、普通は周りのすべてが恐ろしく思える人たちです。しかし赤ちゃんの姿を思い起こしたときに、そうとばかりは言えないことに気づきます。赤ちゃんはとても小さく、弱い存在です。しかしその赤ちゃんが、まったく恐れないときがあります。それはお母さんがそばにいるときです。そのときに赤ちゃんは、自分が何もできないことを忘れたように安心して、すやすやと眠る。
 わたしたちにとって、神の国の安心感というのは、そういうことではないでしょうか。わたしたち一人一人は小さなものです。自分の力だけで歩めないのです。だからこそ、いつもそばにいてくれる大きな存在にすべてを委ねましょう。あたたかい胸の中に包まれたときに、わたしたちは神の国、神さまの愛の支配の中に入れられているのです。
 赤ちゃんは知っています。自分が泣いたら、お母さんは必ずミルクを作ってくれる。寒かったら毛布を掛けてくれる。恐がったらずっとそばで子守唄を歌ってくれる。必要なものはすべてお母さんが与えてくれることを、赤ちゃんはよく知っているのですね。赤ちゃんってお母さんに抱っこされるとき、手を目いっぱい広げます。あの姿こそ、わたしたちの信仰のお手本なのです。
 自分の大切なものにしがみついて窮屈に生きていくのではなく、赤ちゃんのように両手を広げて神さまにすべてを委ねる、そのときにわたしたちは、恐れから解放されて生き生きと歩んでいけるのです。

バナースペース

日本聖公会 桃山基督教会

〒612-8039
京都市伏見区御香宮門前町184

TEL 075-611-2790
FAX 075-611-2790