本文へスキップ

TEL. 075-611-2790

〒612-8039 京都市伏見区御香宮門前町184



ショートメッセージ2016年12月

12月25日 降誕日(ヨハネ1:1〜14―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。
(ヨハネによる福音書1章14節)

 「言(ことば)が肉となる」ということについて、今日は考えてみたいと思います。「言」は日本語では、人の口から発せられるものという意味ですが、聖書の中では違うニュアンスも持っています。例えばこの言葉を、「神さまの意志」と訳した方もおられます。確かに創世記の最初にある天地創造は、神さまの言葉からスタートします。「光あれ」という言葉によって、神さまの意志が世界に示めされたわけです。
 神さまの意志が肉となった出来事が、クリスマスです。ただ肉となったといっても、単に実態のないものが触れるようになったということではありません。
 聖書では、霊と肉という分け方が出てきます。簡単にいえば、霊は清く、肉は汚れているということです。肉とはわたしたちの欲望や汚い部分、人には見せたくないどろどろしたところ、そのようなことなのかもしれません。
 その肉に、神さまから遣わされた言がなったのです。肉になるということは、罪深い者になることを意味します。つまりわたしたちと同じようになられるのです。
 なぜ神さまは大切な独り子をそうされたのでしょうか。それは、その言であるイエス様が、わたしたちの間に宿るためです。わたしたちはどこにいるのでしょうか。清いところですか、汚れているところですか。神さまのすぐそばですか、神さまから遠く離れたところですか。
 神さまが遣わされたイエス様は、罪の中にいるわたしたちのために、そして自分の力で暗闇から抜け出ることのできないわたしたち一人一人のために、わたしたちの間に宿られました。神さまから遠く離れてしまったわたしたちが神さまの大切な子どもとして歩んでいくことができるように、わたしたちの元に来られたのです。
 イエス様の誕生は2000年前に、遠いユダヤの国に起こったたった一回の出来事ではありません。今、わたしたちの中にも起こっている出来事なのです。イエス様がわたしたちと同じように肉となり、そしてわたしたちの間に宿られたという出来事、さらに今も共にいてくださるということ、それが今もずっと続いているクリスマス物語なのです。
 イエス様はわたしたちに寄り添い、倒れそうになったときには手を貸してくださり、歩けなくなったときには背負ってくださり、涙が止まらないときには一緒に泣いてくれ、祈ることすらできなくなったときには、一緒に祈ってくださいます。そのお方がお生まれになったのです。
 大丈夫。わたしがいつも一緒にいるから、安心しなさい。すべてをわたしに委ねなさい。その言葉に耳を傾け、イエス様を心に受け入れてください。
 クリスマス、おめでとうございます。

12月18日 降臨節第4主日(マタイ1:18〜25―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」この名は、「神は我々と共におられる」という意味である。
(マタイによる福音書1章23節)

 今日の箇所の小見出しは、「イエス・キリストの誕生」となっています。「イエス・キリストの誕生の次第は次のようであった」と始まる今日の箇所を読むときに、美しいクリスマス物語の始まりを予感する方もおられるかもしれません。しかしこのヨセフの物語は、楽しさいっぱいのものではありませんでした。
 イエス様の誕生の次第として最初に書かれていることは、ありえないことでした。「マリアはヨセフと婚約していたが、二人が一緒になる前に、聖霊によって身ごもっていることが明らかになった」とあります。わたしたちですら、聖書を読んでいて心に疑いが浮かぶくらいですから、当事者であったヨセフの驚きと悲しみ、そして怒りは相当なものであったろうと思います。いったい誰が、聖霊によって身ごもったなどということを信じることができたでしょうか。
 逆境に立たされたヨセフは、マリアと縁を切ることを選択します。それは決して、ヨセフが自分の立場を守るためだけに、マリアを見捨てようとしたのではありません。逆にマリアを守ろうとしたのです。当時、結婚や婚約関係にある人がいるにもかかわらず、他人の子どもを宿してしまうと、まず間違いなく女性は死刑になります。この出来事が公になってしまったら、マリアが裁かれるのです。ヨセフはそれを望みませんでした。だからひそかに縁を切ろうとします。しかしそれは神さまのみ心ではありませんでした。
 主の天使はヨセフに、「恐れず、妻マリアを迎え入れなさい」と告げます。2000年も昔の最初のクリスマスの前、ヨセフの心は、悩み、苦しみ、悲しみ、そして恐れで支配されていました。その中で、イエス様のご降誕はおこったのです。
 教会のアドベントツリーのろうそくは、4本とも灯されました。しかしわたしたちの心の準備はどうでしょうか。心を静め、静かに祈り、耳を澄ましてイエス様の誕生を待つことができているでしょうか。心のろうそくに火を灯すことができているでしょうか。
 今日のヨセフの物語はわたしたちに伝えてくれます。心が騒ぎ、辛い中にあった中で、神さまの前に立ったヨセフの信仰を。そしてわたしたちにも、今どんな状況にあったとしても、そのままの姿で神さまの前に立つことを求めておられます。たとえ心が乱れていても、静まらなかったとしても、神さまに心を向け、わたしたちの元に遣わされるイエス様を待ち望むのです。
 自分の姿をさらけ出して、ありのままで、神さまのみ前へと進む。神さまは、そのようなわたしたちを、そのまま愛してくださいます。
 神さまはわたしたちと共におられます。

12月11日 降臨節第3主日(マタイ11:2〜11―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

イエスはお答えになった。「行って、見聞きしていることをヨハネに伝えなさい。目の見えない人は見え、足の不自由な人は歩き、重い皮膚病を患っている人は清くなり、耳の聞こえない人は聞こえ、死者は生き返り、貧しい人は福音を告げ知らされている。わたしにつまずかない人は幸いである。」
(マタイによる福音書11章4〜6節)

 降臨節も第3主日となりました。降臨節とは、イエス様が来られるのを待ち望む時です。わたしたちはどのような方を待っているのでしょうか。
 「来たるべき方はあなたでしょうか」と、洗礼者ヨハネは牢の中から問いかけます。彼は先駆者として、間もなく来る救い主の前に道を備えます。ヨハネはその救い主は、手に箕を持って、脱穀場を隅々まできれいにし、麦を集めて倉に入れ、殻を消えることのない火で焼き払われる、つまり裁きを行われる方だと考えていました。だから彼は、人々に裁きの前に悔い改めるように迫っていたのです。
 ところが彼の耳に入ってくるイエス様のうわさは、彼の思いとはまるで違っていました。イエス様はヨハネやヨハネの弟子たちのように、荒れ野に留まりませんでした。イエス様は大勢の人たちのところに、自ら進んで行かれました。そして、一緒に飲み食いをされます。その中には罪人や徴税人といった、人々が差別し、遠ざけていた人たちも含まれていました。
 イエス様が来られたことで、目の見えない人は見え、足の不自由な人は歩き、重い皮膚病を患っている人は清くなり、耳の聞こえない人は聞こえ、死者は生き返り、貧しい人は福音を告げ知らされました。イエス様は人々を裁くためではなく、今、イエス様を、そして神さまの救いを必要としている人のところに行かれたのです。
 もしイエス様が洗礼者ヨハネのように、荒れ野で悔い改めを宣べ続けていたら、どうなっていたでしょう。イエス様の元に行くことができるのは律法を忠実に守り、神の道から外れず、毎日を信仰深く生きることが出来る人だけです。そのようなことがわたしたちに出来るでしょうか。わたしは思います。自分の力だけで悔い改め、神さまに向き直り、神さまのみ心に忠実に生きていける人なんて一人もいないと。
 だからイエス様が必要なのです。神さまがイエス様をわたしたちの元に遣わされた意味、それはここにありました。自分の力では神さまの元にいけないわたしたちの間に来て、神さまの愛を伝える。それが、イエス様が生まれた理由なのです。
 イエス様は、肉体的にも精神的にも飢え渇き、神さまに頼るしかない人のところに来られます。そして様々な思いの中で、必死にイエス様を求めるわたしたちのところにも来られるのです。それがクリスマスです。
 わたしたちが待つイエス様とは、そのようなお方なのです。わたしたちの心がどんなに汚れていようとも、必ず来てくださいます。静かに祈り、待ちましょう。神さまはわたしたち一人一人を愛しておられます。

12月4日 降臨節第2主日(マタイ3:1〜12―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

そのころ、洗礼者ヨハネが現れて、ユダヤの荒れ野で宣べ伝え、「悔い改めよ。天の国は近づいた」と言った。
(マタイによる福音書3章1〜2節)

 今日の箇所には洗礼者ヨハネが登場します。彼はイエス様の前に活動していた人物です。洗礼者ヨハネは、とても厳しい人物として描かれます。らくだの毛衣を着、腰に革の帯を締め、いなごと野蜜を食べ物としていた彼は、「悔い改めよ。天の国は近づいた」、「斧は既に木の根元に置かれている」と人々に告げます。
 彼はメシアが来る前に、人々を悔い改めに導こうとしていました。悔い改めとは神さまにそっぽを向いていた体を、180度くるんと向きを変えて神さまに向き直ることです。「このままでは神さまの裁きを受ける」と彼は言います。その言葉に聞くわたしたちも、自分の力で神さまに立ち帰らなければならないということでしょうか。
 この降臨節、わたしたちはイエス様のご降誕を待ち望んでします。なぜ神さまはわたしたちにイエス様を与えてくださったのでしょうか。イエス様がこの世に遣わされる前、神さまは人々に「律法」を与えられました。律法をきちんと守ることで、神さまのみ心に沿う行いができたわけです。しかし、誰一人として律法を本当の意味で守ることができませんでした。
 たとえば律法にある「殺すな」という戒め。わたしたちは守っていると思うかもしれません。しかしイエス様は、兄弟に腹を立てるだけで裁きを受けると言われます。わたしたちは自分の力だけで神さまの前に立つ、正しい人間にはなれないのです。
 自分自身で清くならないといけないのであれば、誰も神さまの元になどいけません。いつまでたってもわたしたちと神さまとの間には、深い溝ができてしまっていたでしょう。しかし神さまはそれを良しとはされませんでした。
 イエス様がお生まれになったこと、それはわたしたちと神さまとが、もう一度正しい関係に戻れるように、神さまが計画されたことです。わたしたちは自分の力では神さまの元に行くような、きちんとした人間にはなれないかもしれない。しかしイエス様はわたしたちに関わってくださり、わたしたちに手を差し伸べ、わたしたちをこのままで受け入れてくださるのです。
 イエス様は洗礼者ヨハネが備えた道を歩みませんでした。「悔い改めた者だけわたしのところに来なさい」ということではなく、イエス様自らがわたしたちの元に来てくださるのです。
 降臨節はイエス様をわたしたちの心にお迎えする準備の期間です。心を静かに、耳を澄まして、イエス様の到来を待ち望みましょう。イエス様は必ず来てくださいます。

バナースペース

日本聖公会 桃山基督教会

〒612-8039
京都市伏見区御香宮門前町184

TEL 075-611-2790
FAX 075-611-2790