本文へスキップ

TEL. 075-611-2790

〒612-8039 京都市伏見区御香宮門前町184



ショートメッセージ2018年5月

5月27日 三位一体主日(ヨハネ3:1〜16―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。
(ヨハネによる福音書3章16節)

 今日の福音書には、ニコデモとイエス様との会話が書かれます。ニコデモは、ヨハネによる福音書に三度出てくるだけです。彼はファリサイ派に属するユダヤ人たちの議員でした。ファリサイ派は、とても生真面目なグループであり、彼らは安息日や断食など律法を守ることに熱心で、施しも積極的におこなっていました。そして何よりも、宗教的な清めを大事にしていました。しかし自分が清くならねばという思いと同時に他の人の「けがれ」を指摘し、決して交わろうとはしませんでした。
 彼らファリサイ派は、貧しく質素に、神さまの前に正しく生きてきたつもりです。だから自分たちこそ神さまに選ばれた民であり、きっと神の国に入れるのだと思っていたようです。
 しかしファリサイ派に属していたニコデモは、ある夜イエス様の元に来て対話を求めます。どうしても聞きたいことがあったのでしょう。彼は夜、イエス様を訪ねます。なぜ夜だったのでしょうか。人の目を恐れていたのか。イエス様はファリサイ派と対立していました。そんなイエス様に教えを乞うことは、裏切り者扱いされる可能性もあります。それとも昼の間に悩み抜いたことを、夜になって打ち明けようとしたのか。誰にも邪魔されない夜に、じっくりとイエス様と語り合おうと考えたのか。
 ニコデモはイエス様のことを「神のもとから来られた教師」だと言い、また「神が共におられるのでなければ、そのようなしるしをおこなうことはできない」と語ります。イエス様の中に神さまを見ていたのでしょう。
 ところがイエス様はニコデモに、「人は新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない」と言います。ファリサイ派の人たちは、神の国に入れると思っていました。ユダヤ人に生まれたから、良い行いをしているから、けがれた人たちと交わらないから、神の国に入れると思っていました。しかしイエス様は言います。神の国に入るためには、新たに生まれることが必要だと。
 新たに生まれるという言葉の本来の意味は、上から生まれるということです。上から与えられるものによって、生まれさせられる。神さまから与えられた霊によって、新たにされるということです。神さまからの力に頼らなければ、わたしたちは生きる者となれないのです。
 ニコデモはこのイエス様との対話を通して、その後どうなっていったでしょうか。ヨハネ福音書によると、ニコデモはイエス様が十字架で息を引き取ったあと、恐れることなく葬りの準備に来ました。ニコデモは新たに生まれていたのです。
 わたしたちにも、神さまから霊が与えられています。その霊を受け入れ、新たに生きる者となりましょう。

5月20日 聖霊降臨日(ヨハネ20:19〜23―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

イエスは重ねて言われた。「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」
(ヨハネによる福音書20章21節)

 今日は聖霊降臨日(ペンテコステ)です。イエス様が復活されて50日後、約束された聖霊が降ってきた日を覚えてお祝いします。諸外国では復活日、クリスマスと並ぶ三大祝祭日として祝われることが多いようですが、日本ではそれほどメジャーではないようです。
 その一番の原因として考えられるのか、聖霊降臨という出来事の分かりにくさなのではないでしょうか。聖霊っていつ、どのように与えられるのだろうか。聖霊を受けたらわたしたちはどうなるのだろうか。いろんな言葉で話すことができるようになるのか。はたまた罪を赦す力が与えられるのでしょうか。
 そもそも、神さまとイエス様と聖霊の違いすらよく分かりません。頭で理解しようとしても、それは無理なのです。もしも今、イエス様が目の前に現れて息を吹き掛けられたとしたら、また頭の上に炎のような舌が現れたとしたら、「ああこれが聖霊か」となるかもしれません。しかし目に見えるような形は現れないのです。
 目に見えない。でもその存在を信じる。とても難しいことです。しかしわたしたちは日々の生活の中で、聖霊の働きを知らず知らずのうちに体験しているのではないでしょうか。「何だか知らないけど、お祈りしていたら心が落ち着いた」、「辛かったけど、何だか温かいぬくもりを感じた」、「ふと気づいたら、自分の歩む道が備えられていた」。それらの小さな出来事が神さまの導きによってなされたものだとしたら、それは聖霊がわたしたちに働いているということなのではないでしょうか。
 聖霊は人々の間に働いて、教会が生まれました。しばしば聖霊降臨日は、教会の誕生日だともいわれます。ヨハネ福音書の聖霊降臨の場面は、教会とはどういうところなのかを伝えているのかもしれません。イエス様は弟子たちに息を吹き掛けられます。息を吹きかけるとは、命を与えることです。イエス様は弟子たちに新たな命を与えられました。そして言われます。「だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。」と。
 つまり弟子たちに課せられた使命、それは「赦し」です。つまり互いに赦し合うために、教会は存在するのです。イエス様も赦してこられました。どんなに罪を重ねようとも、どれだけ裏切ろうとも、何度言っても正しい道を歩むことのできないわたしたちを、赦し、招いて来ました。
 だから教会も、お互いに赦し合うのです。自分の力で赦すことができないときは、神さまに赦しを願うのです。「わたしたちの罪をお赦しください。わたしたちも人を赦します」、主の祈りのその言葉のように、教会が神さまの愛を伝える場所であるように、お祈りしたいと思います。

5月13日 復活節第7主日(一ヨハネ5:9〜15―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

何事でも神の御心に適うことをわたしたちが願うなら、神は聞き入れてくださる。これが神に対するわたしたちの確信です。
(ヨハネの手紙一 5章14節)

 今日は福音書ではなく、ヨハネの手紙に書かれた言葉に目を留めたいと思います。といいますのも、この箇所は桃山基督教会の2018年度年間聖句であるからです。
 この言葉ですが、ともするとわたしたちの願いを神さまは何でも聞いてくれると勘違いしてしまうかもしれません。そして実生活で自分の思った通りにならなかったときに、つい神さまに不平不満を言ってしまう。そのようなことはないでしょうか。
 聖書をもう一度よく読んでみると、「神の御心に適うことをわたしたちが願うなら」という言葉がついていることに気づかされます。何でもかんでも聞き入れられるというわけではないのです。
 ここで一つの詩を紹介したいと思います。この詩は、ニューヨークにある病院の壁に、誰かが書き残した詩です。入院患者かもしれないその人は、神さまに対してこんな思いを書きました。
 何かをなしとげたいと 神に強さを求めたが 謙虚になるようにと 弱さをさずかった
 大きなことがしたいと 健康を求めたが よいことをするようにと 病をさずかった
 しあわせになりたいと 豊かさを求めたが かしこくいるようにと 貧しさをさずかった
 人からほめられたいと 力を求めたが 神を求められるようにと 弱点をさずかった
 人生を楽しみたいと あらゆるものを求めたが あらゆることを 喜んで受け入れる人生をさずかった
 求めたものは 何ひとつとして与えられなかったけれど ほんとうに望んでいたことは すべてかなえられた
 わたしの願いをはるかにこえた 言葉にはならなかった祈りが聞かれていたのだ
 わたしは あらゆる人のなかで もっとも豊かに祝福されていた

 目の前のことだけを見るならば、彼の求めることは何一つとして適えられることはありませんでした。しかし神さまは自分を祝福してくれていた。そのことに気づかされたのでしょう。
 神さまのみ心、それはわたしたちにはわかりません。でも神さまはわたしたちを愛してくださいます。だからわたしたちを、決して見放すことはありません。そのことを信じ、歩んでいきたいと思います。

5月6日 復活節第6主日(ヨハネ15:9〜17―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。
(ヨハネによる福音書15章12節)

 「互いに愛し合う」、世界中のみんなが出来たら、とても素晴らしいことだと思います。しかし残念なことですが、自分自身のことを考えてみてもなかなか他人を受け入れられないことがあります。
 ちょっとした意見の違いで口論になったり、自分と見た目が違うだけで避けてしまったり、大切にしているものが違うという理由で相手を攻撃したり。わたしたちはいろいろな場面で、「愛していない」自分の姿に気づかされます。しかしイエス様は、そのような道徳的なことだけを語られているのでしょうか。
 イエス様はこの「互いに愛し合うように」という掟の前に、このように言われています。「わたしがあなたがたを愛したように」と。イエス様はわたしたちに、とにかく愛せと言われているのではありません。イエス様の愛を感じ、同じようにあなたがたもおこないなさいというのが、イエス様の言葉です。
 イエス様の愛とは、どのような愛でしょうか。聖書はギリシア語という言語で書かれていますが、このイエス様のいう愛には、「アガペー」という言葉が用いられています。「アガペーの愛」、それは神さまの愛です。見返りを求めず、ただ一方的に与えられる愛です。わたしたちがどのような人間であっても、神さまを裏切り、神さまの前ではちっぽけな存在であったとしても、まるで雨のようにただただわたしたちに注がれている。それが神さまの愛です。この人は自分に従順だから、この人は良いことをしているから、だから愛するのではないのです。どんな人であろうとも神さまは受け入れ、手を差し伸べてくださる。それがイエス様の示された愛でした。
 どんなに頑張っても神さまの前に正しい道を歩めない、神さまとは遠く離れてしまっている、そのようなわたしたちが再び神さまの前に立てるように、神さまはイエス様を遣わされました。これが、神さまの愛です。神さまはわたしたちをとても大切な存在として、いつも手を差し伸べてくださっています。この愛の一部でもいいからとなりの人と分かち合ってほしい。それがイエス様の願いなのです。
 わたしたちはその愛の交わりの中に、招かれています。イエス様は言われました。「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ」と。わたしたちはイエス様によって見いだされ、招かれています。神さまの愛の中にいるようにと、優しく声をかけてくださっています。
 ではわたしたちは、どうしたらよいのでしょうか。その神さまからの愛を独り占めして、自分とは違う他の人を排除するのでしょうか。それとも、近くにいる人をその中に招き、一緒に神さまの愛を感じあうべきでしょうか。
 「互いに愛し合う」、そのような者にされるように、祈りたいと思います。

バナースペース

日本聖公会 桃山基督教会

〒612-8039
京都市伏見区御香宮門前町184

TEL 075-611-2790
FAX 075-611-2790