本文へスキップ

TEL. 075-611-2790

〒612-8039 京都市伏見区御香宮門前町184



ショートメッセージ2018年7月

7月29日 聖霊降臨後第10主日(マルコ6:45〜52―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

イエスが舟に乗り込まれると、風は静まり、弟子たちは心の中で非常に驚いた。
(マルコによる福音書6章51節)

 今日読まれた箇所には、イエス様が湖の上を歩かれた場面が描かれています。いわゆる奇跡物語です。聖書にはたくさんの奇跡物語が載せられています。でもそれは、決して手品のようなものではありません。イエス様は奇跡を通して、わたしたちとどのように関わってくださるのかということを伝えてくれているのです。
 今日の箇所で、弟子たちはイエス様を残して、自分たちだけで舟に乗りました。それは、イエス様がそうさせたからです。「強いて舟に乗せ」とあるように、イエス様は群衆を解散させ、祈られたあとに、弟子たちをいわば強引に舟に乗せたのです。たとえ、「わたしも残ります」と言った弟子がいようとも、「舟に乗りなさい」と命じたのです。
 弟子たちは自分たちだけで、湖の向こう岸に渡ることになりました。その途中彼らは、逆風のために漕ぎ悩むのです。夕方ごろ湖の真ん中に出ていた舟は、夜が明けるころになっても進んでいませんでした。およそ10時間、彼らは必死になって、イエス様がいない中、舟を漕いでいたのです。
 このような場面に、わたしたちも出くわすことはないでしょうか。とてつもない向かい風にあおられ、前に進むどころか目もロクにあけることができない。とても順調に進んでいるはずだった。何もかもうまくいくと思っていた。でも突然暗闇につつまれ、波が襲い掛かり、嵐がその身を水の中に引きずり込もうとするのです。必死に前に進みたい。何とかこの状況を脱出したい。でもどれだけ漕いでも、前に進むことができない。それどころか、どこに向かったらいいのかもわからない。
 そこにイエス様が来てくれたというのが、この物語です。来られるはずのない場所に来て、声を掛け、舟に乗り込み。波を静めてくれる。それがイエス様なのです。2000年前に弟子たちの前に来られたイエス様は、今、わたしたちの元にも同じように来てくださるのです。
 わたしたちは、突然逆風に襲われることがあります。自然災害、病気、人間関係、仕事のこと、将来の不安。わたしたちはしばしば、その逆風に漕ぎ悩み、前に進むことをあきらめてしまいます。そのときには、どうか思い出してください。イエス様は決してあなたを見捨てたりはしない。「こんなところに来てくれるはずなどない」、そう思っているその場所に、来てくださいます。「安心しなさい、わたしだ」、そう言って、あなたがいる同じ舟に乗り込んでくださるのです。
 「大丈夫、わたしはいつもあなたと共にいる」。その約束を信じて、歩んでいきましょう。そして今漕ぎ悩み、助けを求めている人に、共にいてくださるイエス様のことを伝えていきましょう。

7月22日 聖霊降臨後第9主日(マルコ6:30〜44―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

イエスは五つのパンと二匹の魚を取り、天を仰いで賛美の祈りを唱え、パンを裂いて、弟子たちに渡しては配らせ、二匹の魚も皆に分配された。
(マルコによる福音書6章41節)

 イエス様と弟子たちは休息するために、舟で人里離れた所に移動します。しかし彼らよりも先に、群衆はイエス様の元にたどり着きます。彼らはなぜ、そこまでイエス様を追い求めていったのでしょうか。着の身着のままで何も持たずに、ただイエス様にすがろうとした群衆の思いは、イエス様に伝わりました。イエス様は彼らを見て、飼い主のいない羊のような有様を深く憐れんだのです。
 羊に飼い主がいなかったら、青草が茂り、水が飲める場所に行くことができません。みんな勝手気ままに歩いていくことでしょう。敵が襲ってきても、誰も助けてくれずにブルブル震えるだけです。イエス様の目には、群衆はそのように映りました。
 「憐んだ」というと、かわいそうにとか、上の方から同情してあげるというイメージがあるかもしれません。しかし聖書の原語の意味は、内臓がよじれるように痛むということです。泣いている人がいたら、自分のことのように内側からキューっとなる、そういう感覚です。苦しんでいる人がいたらその苦しみを、隣に痛がっている人がいたらその痛みを、自分のものとして背負っていくのです。5000人の悲しみを、涙を、苦しみを、痛みを、すべて自分のものとしてしょい込み、はらわたがちぎれんばかりに、その一人ひとりの気持ちを汲み取る。それがイエス様なのです。
 そしてイエス様は、群衆に教えを語りました。彼らの必要を満たすためには、まずみ言葉が必要だったのです。しかし時が経ち、弟子たちは心配になります。このまま日が暮れてしまったらどうしよう。みんながお腹空かせているに違いない。でもお金はないし、あるのは5つのパンと2匹の魚だけ。弟子たちは「人々を解散させてください」とイエス様に願います。しかしイエス様は、「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい」と突き放すように言われました。
 イエス様は弟子たちに、パンと魚を人々に配るように命じます。イエス様ご自身が配られたのではありません。弟子たちの手を通じて、群衆の手にパンが行き渡りました。イエス様が「これを渡して来い」と委ねられたパンは、配っても、配っても、尽きることはありませんでした。何も持っていなかったはずなのに、渡しても、渡しても、いつまでもなくなることはありませんでした。その奇跡の中に、弟子たちはいつの間にか巻き込まれていたのです。
 わたしたちは礼拝の中で、み言葉に聞き、パンによって生かされています。しかしイエス様の願いは、自分がそれを頂いて満足することだけではありません。そのパンを今、必要としている人に配ることが大切なのです。「あなたが彼らに与えなさい」、その言葉を心に留め、いつまでもなくならない「パン」を、周りの人と分かち合いたいと思います。

7月15日 聖霊降臨後第8主日(マルコ6:7〜13―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

十二人は出かけて行って、悔い改めさせるために宣教した。
(マルコによる福音書6章10節)

 イエス様は12人を遣わしたとありました。その12人は、以前イエス様が選ばれた12弟子のことでしょう。彼らはどのような気持ちで、宣教に向かったのでしょうか。ある映画に、この場面が出てきました。彼らはイエス様に「行ってこい」と命じられるのですが、とても不安そうにしていたのを思い出します。
 彼らは弟子としてイエス様にしっかり教育されたかというと、そうでもなかったように思います。それどころか聖書は、最後までイエス様のことを理解できなかった弟子たちの姿を描きます。イエス様を裏切り、疑い、逃げ出した彼ら。とても「宣教者」としての教育を受けたようには思えません。
 また彼らは、パンも金も持っていくなとも命じられます。教育も満足にされず、何も持たずに遣わされる。彼らが不安な顔をするのもよくわかります。それでも12人は出かけ、宣教しました。
 今日の記事は、「12人」が宣教に向かった記事でした。12弟子とは書かれていません。最初イエス様が声を掛けたのは。確かに弟子だったでしょう。しかしこの物語は、今に至るまでずっと続けられている物語です。つまり2000年もの間、次の人たち、次の人たちとイエス様はずっと派遣され続けているのではないでしょうか。
 わたしたちは礼拝の中で、毎週「派遣」されています。聖餐式の最後に「ハレルヤ、主と共に行きましょう」、「ハレルヤ、主のみ名によって」と、「派遣の唱和」を大きな声で叫びながら、わたしたちは教会の外へと遣わされていくのです。
 何を誰に伝えたらいいかわからない、そんな役目を自分が担えるはずがないと躊躇するかもしれません。でもそれは、最初に派遣された弟子たちも一緒でした。自分たちがそのような器でないことは、一番よくわかっていたとおもいます。
 そこが一番大切なことです。イエス様は「何も持っていくな」と命令されました。彼らは自分の持ち物に頼ることはできなかったのです。自分の力では何もできない、そのことを彼らは身をもって体験します。しかし「何も持つな」という言葉は、すべては神さまが準備してくださるという約束の裏返しです。何も持っていないのではない、必要なものはすべて与えられているのです。
 わたしたちは自分の足で立ち、何でもできると思っていないでしょうか。日々神さまに生かされ、支えられていることを感じてはいませんか。だからこそ、わたしたちは今、ここにいるのではないでしょうか。
 「宣教」、それは決して自分の力だけでやれるものではないのです。自分にそのような力がないからこそ、神さまはその人を用いてくださいます。弱いからこそ、神さまによって強められるのです。さあ、主と共に行きましょう!

7月8日 聖霊降臨後第7主日(マルコ6:1〜6―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

この人は、大工ではないか。マリアの息子で、ヤコブ、ヨセ、ユダ、シモンの兄弟ではないか。姉妹たちは、ここで我々と一緒に住んでいるではないか。」このように、人々はイエスにつまずいた。
(マルコによる福音書6章3節)

 わたしたちにとってイエス様とはどんな存在でしょうか。
 イエス様は伝道活動に出た後、故郷に帰り会堂で教えられます。イエス様は30歳のころ、家を出て故郷を離れ、活動を開始したと考えられています。きっと会堂には、イエス様の少年・青年時代をよく知る人物がたくさんいたことでしょう。
 会堂でイエス様の話を聞いた人々は、たいへん驚きました。しかしその驚きは「すごい」、「立派になったな」という驚きではなく、「何であいつが」という非難のこもった驚きだったようです。それは「この人は大工ではないか」という言葉に現れていると思います。イエス様の故郷は、小さな村です。みんな小さい頃から、お互いのことをよく知っていたでしょう。その中の一人、大工だったイエス様が村を出て、まるで教師のように教えている。当時の大工は、会堂で話すような人よりも相当に地位も階級も低かったのに、いつの間にか偉そうに、みんなの前で話しているのです。人々はそこにつまずいてしまいました。
 彼らの心には、喜びではなく、ねたみや不快な思いが渦巻いていたことでしょう。そしてイエス様はその彼らの心、つまりご自身につまずいてしまった彼らの心を見抜き、人々の不信仰に驚かれます。故郷の人たちは、イエス様があまりにも身近な人物であったがために、イエス様のことを受け入れることができませんでした。
 しかしイエス様が人々と一緒に暮らしたことは、とても大事なことです。イエス様は突然空から現れた神の子ではありません。人々と共に生活し、苦しみも悲しみも同じように経験してきた、そんなお方なのです。上の方からわたしたちをじっと見つめ、頑張れよと声を掛けるのではない。わたしたちがいる場所で、わたしたちの気持ちを汲み取り、共に笑い、共に泣いてくれる存在、それがイエス様なのです。
 先週の木曜から、日本列島は大変なことになっています。今まで経験したことのないような大雨に見舞われ、たくさんの人が涙を流し、心を痛め、途方に暮れているその中で、わたしたちには何ができるのでしょうか。
 わたしは思います。イエス様はきっと今、震えながら助けを待っている人たちの傍らにいてくださる。家族を失い悲しみのどん底にいる人の涙をぬぐってくださる。懸命に救助作業をしている人たちを支えてくださる。泥だらけのところにその身を委ね、今、傷ついている人と共にいてくださる。
 そのことを信じて、イエス様は必ずその方々と共にいてくださると信じて、祈りを届けたいと思います。イエス様は、苦しむ人の傍らで、手を差し伸べ、関わっていてくださるのです。

7月1日 聖霊降臨後第6主日(マルコ5:22〜24、35〜43―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

イエスはその話をそばで聞いて、「恐れることはない。ただ信じなさい」と会堂長に言われた。
(マルコによる福音書5章36節)

 大勢の群衆に囲まれたイエス様の元に、会堂長のヤイロがやってきました。会堂長とは今でいう教会や礼拝堂の管理を任されていた人です。一般的に会堂長は裕福で、社会的にも影響力を持っていたそうです。簡単にいうと、とても偉い人でした。逆にイエス様は、群衆に人気はありましたが、立派な肩書や地位、名誉があるわけではありませんでした。
 しかし会堂長ヤイロは、イエス様に必死にお願いします。普通ヤイロほどの人であれば、召使をイエス様の元に遣わし、自分の家に来てほしいと頼むでしょう。謝礼をちらつかせながら、「さあ、おいでください」と頼むのが普通です。しかしヤイロはそうしませんでした。直接イエス様の元に行ったのです。
 ヤイロはイエス様の足もとにひれ伏しました。そしてしきりに願います。「わたしの幼い娘が死にそうです。どうか、おいでになって手を置いてやってください」と。なりふり構わず、彼は願います。人目なんて気にせず、とにかく娘を助けてほしい、その一心での行動です。わたしたちの祈りも、このヤイロのおこないに通じるところはないでしょうか。
 先日、北大阪を大きな襲いました。教会のある伏見でも、震度5弱を観測しました。そのときわたしは地域の小学生10数人を連れて、学校に向かっていました。いわゆる登校班の見守りです。その途中に地震にあったのですが、そのときの祈りはまさに、なりふり構わずのものでした。「イエス様、どうか助けてください。この子たちをとにかく守ってください」。
 ヤイロの娘は、すぐに癒されたのでしょうか。そうではありませんでした。イエス様はヤイロの家に向かいますが、その前に一人の女性が現れます。彼女はイエス様によって癒されますが、そこでのやり取りの間にヤイロの娘がなくなったという知らせが入るのです。ヤイロはこのとき、どんな気持ちだったのでしょうか。今すぐ何とかして欲しい、その願いは聞かれなかったように思います。
 わたしたちの祈りも同じなのかもしれません。イエス様は聞いてくださる、そう思っても、なかなか現実にはならない。「あなたの家に一緒に行こう」、そう言ったはずのイエス様が、なかなか前に進んでくれないのです。わたしたちの信仰は、ここで試されています。自分の思い通りにならない現実。祈りは本当に聞かれるのか。わたしたちは不安に思い、そして恐れます。
 そのわたしたちにイエス様は、こう応えられるのです。「恐れることはない。ただ信じなさい」。たとえすぐに自分の思い通りにならなかったとしても、その言葉を胸に歩んでいきましょう。イエス様は共におられます。

バナースペース

日本聖公会 桃山基督教会

〒612-8039
京都市伏見区御香宮門前町184

TEL 075-611-2790
FAX 075-611-2790