本文へスキップ

TEL. 075-611-2790

〒612-8039 京都市伏見区御香宮門前町184



ショートメッセージ2019年2月

2月24日 顕現後第7主日(ルカ6:27〜38―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

人にしてもらいたいと思うことを、人にもしなさい。
(ルカによる福音書6章31節)

 敵を愛し、あなたがたを憎む者に親切にしなさい。とても厳しい言葉です。敵、あなたを憎む者、この言葉を聞いてパッと思いつく相手はいるでしょうか。そして敵を愛しなさいと言われたときに、なんて難しい要求をされるのだろうかと思うことでしょう。そもそも敵と思う人とは、関わることすら嫌なはずです。ですからその人を愛するには、まず関わりを持つところからスタートしなければならないのです。
 さらに、イエス様はこう言われます。悪口を言う者に祝福を祈り、あなたがたを侮辱する者のために祈りなさいと。悪口を言うとは呪う、そして侮辱するとは虐待するというのが本来の意味です。敵を愛し、憎む者に親切にし、呪うものを祝福し、虐待する者のために祈る。本当に憎まれ、呪われ、虐待されているときにこのイエス様の言葉を聞いたとしたら、どう思うでしょうか。そうだ、親切にしよう、祝福しよう、祈ろう、そんな風に思えるのでしょうか。
 わたしたちは敵を愛しなさいと言われると、愛さなければいけないって思う。そして虐待する者のために祈りなさいって言われると、それはとても辛いし難しいことだけれども、できたらいいねって思う。でもそのときに、自分自身がいつも愛する方だ、祈る方だという目線で物事を考えていることにも気づかされます。
 わたしたちは敵対していた人に愛されたことはなかっただろうか。わたしたちは憎んでいた人から親切にされたことはなかっただろうか。わたしたちは人を呪っていたのに、その人から祝福を祈られたことはなかっただろうか。わたしたちは虐待していたにもかかわらず、祈ってもらっていたことはなかっただろうか。
 愛する前に、愛されていることに気づく。祈る前に祈られていることに気がつく。先日ある集まりでこの話をしていたときに、一人の子どもがこんなことを言いました。「敵って、今まで誰かほかの人のことだと思っていたけど、僕は自分も敵じゃないかなって思う。神さまによく背くし、イエス様を十字架につけたし、そうやって僕は神さまの敵になってしまっているのだと思う」。
 正直びっくりしましたし、心がブルブルと震えました。確かにそうだ、そう思いました。わたしたちは何度も神さまを裏切り、神さまが悲しむことをしてきました。だから神さまから見たら、わたしたちは神さまの敵でしかないのです。
 わたしたちは何度、神さまを憎んできただろうか。呪ってきただろうか。でも神さまはわたしたちに対して、たくさんの愛を与えてくれています。そして大切な独り子であるイエス様を与えてくれたのです。
 その憐れみがあるから、わたしたちも敵を愛する者になれたらと思えるのです。こんなわたしを愛してくださる方がおられるから、少しでも近づきたい。倣って生きていきたい。そのように歩んでいけたらと思います。

2月17日 顕現後第6主日(ルカ6:17〜26―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

イエスは彼らと一緒に山から下りて、平らな所にお立ちになった。
(ルカによる福音書6章17節a)

 幼稚園の子どもたちに「神さまってどこにいると思う?」と聞くと、上の方を指さす子がいます。わたしたちの中にも、何となく神さまは上の方におられるのではないかなという思いがあるようです。主の祈りでも「天におられる」と呼びかけるわけですから、あながち間違っているとはいえないでしょう。ではイエス様はどうでしょうか。わたしたちに対してどう関わろうとしておられるのでしょうか。考えていきたいと思います。
 今日の聖書の中に、「貧しい人々は、幸いである」という言葉があります。この言葉を聞いて、「山上の説教」を思い浮かべる方も多いでしょう。山上の説教とは、マタイによる福音書の5章から始まるイエス様の教えです。しかしこのルカ福音書の箇所は、内容こそよく似ているのですが大きな違いがあります。
 今日の箇所は、「イエスは彼らと一緒に山から下りて、平らな所にお立ちになった」という描写から始まります。山から下りたのだから、この説教は平地でおこなわれたわけです。山の上におられたイエス様が人々の間に下りて来られ語られたというイメージを大切にしながらみ言葉に触れていきたいと思います。
 イエス様の元には、たくさんの人たちが集まってきました。その中には病気の人も、汚れた霊に取りつかれた人もいました。もしもイエス様が山の上にいたままだったら、どうなっていたでしょう。多くの人はそれでもイエス様の元に行ったことでしょう。でも、どうしてもいけない人もいたと思います。イエス様が山から下りた意味、それは今、人々がいる場所に自らが行かれたということなのです。
 イエス様は上の方からわたしたちを眺め、「あなたたちはこうなりなさい」という一般的な話をされたのではありません。山から下り、そこにいる一人一人の間に立ち、手を伸ばし、目と目を合わせ、声を掛けていかれる。それがこの場面で描かれるイエス様の姿なのです。
 そばにまで来てくれるから、その呼びかけはとっても具体的です。イエス様は一人一人のそばに来て、「貧しい人よ」、「飢えている人よ」、「泣いている人よ」と語られます。わたしたちと同じ目線にまで下りて来て、わたしたちの表情を、状況を、痛みをすべて理解して、一人一人に声を掛けられるイエス様を感じましょう。
 2000年前、イエス様の元に集まってきた人たちは、貧しさの中で飢え、悲しみのただ中にいました。神さまにすがるしかない、その思いでイエス様の元に集まってきました。そのすがる人たちこそ、「幸い」なのです。
 わたしたちもまた神さまにすべてを委ねるとき、自分の弱さをさらけ出し、神さまにすがるとき、「幸いなるかな」という祝福の宣言がわたしたちの心の中にも響くのではないでしょうか。

2月10日 顕現後第5主日(ルカ5:1〜11―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

これを見たシモン・ペトロは、イエスの足もとにひれ伏して、「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」と言った。
(ルカによる福音書5章8節)

 ある日のことです。イエス様は湖のそばに立っていました。そしてそのそばに、たくさんの群衆が押し寄せてきます。彼らの目的は、イエス様から神さまの言葉を聞きたいというものでした。ルカによる福音書には、イエス様は汚れた霊に取りつかれた人や多くの病人をいやし、ユダヤの諸会堂で宣教された場面がすでに出てきています。群衆は、イエス様のうわさをたくさん聞いていたことでしょう。
 一方漁師であるペトロは、群衆と同じようには行動をしていませんでした。彼は舟から上がって網を洗っていました。仕事ですし、大変なことです。しかし彼の姿は暗く、打ちひしがれていました。なぜなら彼らは夜通し苦労したものの、何もとれなかったからです。何時間も苦労して魚を追いかけて来たけれども、何の収穫もなかった。次こそは、次こそはと、網を何度も投げてみたことでしょう。しかし一向に魚はかからず、ついに夜が明け、あきらめたのです。
 およそ、イエス様の弟子になる直前の姿とは程遠い、ペトロの後ろ姿が目に浮かびます。そしてこれから宣教をしていくイエス様にとってみても、言い方は悪が弟子にはペトロは相応しくないように思えます。しかしそんな彼に、イエス様は声を掛けられたのです。
 イエス様はペトロに対し、少し漕ぎだすように頼み、そこで舟の上から群衆に教えました。その後さらに沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をするようにと言います。夜通し漁をしたばかりの彼は、「しかしお言葉ですから」と言われた通りに網を降ろし、大量の魚を手にします。ペトロは実は、この物語の前にすでにイエス様に出会っていました。しゅうとめがいやされる場面にいたのです。病人のいやし、群衆に対する教え、そして大量の魚、ペトロはイエス様に何を見たでしょうか。彼はイエス様の足もとにひれ伏して、「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」と言いました。
 決して能力があるわけでもない彼が、一番打ちひしがれているときに声を掛けられる。これがイエス様の招きでした。そしてわたしたちもまた、自分の力ではなくイエス様が目を向け、招いてくださった。こんなわたしを、イエス様が選んでくださるはずはない。そう思うかもしれません。でも、確かにイエス様は来て下さいます。イエス様の招きに値するような信仰を持っているわけでもなく、素晴らしい才能があるわけでもない。それでもイエス様は、ただ選んでくださったのです。
 恐れながらも、しかしお言葉ですからと一歩沖へ漕ぎ出しましょう。イエス様がいてくださる。そのことを信じて、イエス様と共に歩んで行くのです。

2月3日 顕現後第4主日(ルカ4:21〜32―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

そして、言われた。「はっきり言っておく。預言者は、自分の故郷では歓迎されないものだ。
(ルカによる福音書4章24節)

 イエス様はイザヤ書の言葉を朗読した後に、「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した」と宣言されました。この言葉を聞いて、人々はイエス様をほめ、その口から出る恵み深い言葉に驚いたとあります。しかし人々の中には、同時にこのような思いを持つ人たちもいたそうです。「この人はヨセフの子ではないか」と。
 この言葉には、二つの意味が込められていたと思います。一つは自分たちと今まで一緒に過ごしてきた大工のせがれが、何を偉そうに言っているんだという思いです。律法学者やユダヤ教の教師から教わっていたわけでもなく、大工仕事の手伝いをしていた「あのイエス」が、どうしてみんなの前でしゃべってるんだと思っていたことでしょう。もう一つは、このイエスという男はずっと自分たちと一緒にいたのだから、もし主の恵みを与えに来たのであれば、まずナザレにいる自分たちに、優先的に与えてほしいというものです。家族的なつながり、親戚関係、幼馴染、昔のよしみ、いろんな人間関係が、ナザレにはあったと思います。その中に、恵みの露を与えてほしい。それが「ヨセフの子」であるイエス様に対する願いでした。
 しかしイエス様は、旧約聖書に出てくる二人の人物を引き合いに出して、それを否定します。この二人には共通点がありました。それはイスラエルの民ではない、いわゆる異邦人だったということです。さらに一人はやもめで、一人は重い皮膚病を患っていた。二人とも、社会的に弱い、もっというと社会から排除された人たちでした。イザヤ書の言葉もそうでした。貧しい人、捕らわれている人、目の見えない人、圧迫されている人に、主の恵みがくるのです。社会の片隅に追いやられた人に、救いは来ないと思われていた人に、選ばれた民でも何でもない人に、神さまはまずみ手を伸ばされるのです。
 教会はどうでしょうか。長い間、救いは教会にしかないと考えられてきました。教会は神さまがおられる聖なる場所、世界は悪の支配する所。だから救われるために教会に来なさいと教えられていたわけです。
 しかし、そうではないのです。神さまの目は、最も弱く、小さくされている人のところに向けられています。限られた囲いの中にだけに、恵みの雨が降っているのではないのです。すべての人のところに、神さまは雨を降らせているのです。
 神さまは世界に対して働かれています。イエス様の十字架と復活は、すべての人のためになされた愛の業です。わたしたちはそれを知って、「そんなのおかしい、救いはわたしたちにだけ与えられるべきだ」と叫びますか。それとも、わたしたちも教会の外に出て、イエス様の働きに参与しますか。

バナースペース

日本聖公会 桃山基督教会

〒612-8039
京都市伏見区御香宮門前町184

TEL 075-611-2790
FAX 075-611-2790