本文へスキップ

TEL. 075-611-2790

〒612-8039 京都市伏見区御香宮門前町184



ショートメッセージ2019年6月

6月30日 聖霊降臨後第3主日(ルカ9:51〜62―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

イエスはその人に、「鋤に手をかけてから後ろを顧みる者は、神の国にふさわしくない」と言われた。
(ルカによる福音書9章62節)

 イエス様に従うとは、どういうことなのでしょう。「わたしに従いなさい」という呼びかけに、わたしたちはどうこたえていけるのでしょうか。
 旅を続けるイエス様の元に、三人の人が来ました。彼らには、イエス様の弟子になりたいという思いがあったようです。しかし最初の人には「わたしに従っても落ち着く所すらないぞ」と言われ、従う前に父を葬らせてほしいという人には「死んでいる者に死者を葬らせろ」と言われます。そして従う前に家族にいとまごいをさせてほしいという人には「そのような者は神の国にふさわしくない」とまで言われます。
 とても厳しい言葉です。イエス様に従うとは、これほどまでに大変なことなのだろうかと、恐れさえ感じてしまいます。父を葬るのもダメ、家族にあいさつするのもダメというのは、わたしたちの感覚からすると、「ちょっと冷たいんじゃないの」と言わざるを得ません。
 わたしは今、牧師として毎日を過ごしています。イエス様に呼ばれ、福音を伝えるために生きているつもりです。しかしイエス様が求めるように、「服従」しているかというと、「そうだ」と胸を張っていうことはできないんですね。いろいろな人のお葬式にも行きますし、献身してからも家族としょっちゅう連絡を取っている。ゆっくりと枕する場所もある。24時間365日、ひらすら神の国を広めるための働きをしているかというと、そうでもない。
 聖書をそのまま読むならば、わたしは弟子の覚悟もできていないくせに従っているつもりになっている者だということになります。そして多くの人も、「わたしもそうなのかもしれない」と思っていることでしょう。しかしイエス様は、自分に従うことの厳しさだけを伝えようとされているのでしょうか。
 「よそ見をしてはダメ」、今日の言葉がそのようにだけ聞こえるならば、わたしたちにはイエス様の言葉の本当の意味が伝わっていないのかもしれません。たとえばお母さんが自分の子どもに「よそ見をしないで」と言うとき、そこにはどのような意味があるでしょうか。まっすぐ前を向きなさいということもあります。そして「お母さんの歩く姿を見て、真似をしなさい」ということも、とても大事な意味です。
 同じようにわたしたちも、よそ見をせず、イエス様の背中を見て、真似ることが求められていたとしたら、どうでしょう。イエス様は様々な人に寄り添いました。病気の人、貧しい人。そして社会の片隅にいた人や追い出されたような人たち、罪人、徴税人、娼婦、子どもたち、そのような人の手を取り、歩まれました。そしてイエス様はわたしたちを生かすために十字架へと向かわれました。
 その歩みを知り、イエス様に倣う。自分のことだけにとらわれずにひたすらイエス様の背中を見続ける。それがイエス様に従うということなのではないでしょうか。

6月23日 聖霊降臨後第2主日(ルカ9:18〜24―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

それから、イエスは皆に言われた。「わたしについて来たい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。」
(ルカによる福音書9章23節)

 イエス様は、一人で祈っておられました。そばには弟子たちがいたようです。そこでイエス様は弟子たちに、このように尋ねます。「群衆は、わたしのことを何者だと言っているか」と。「群衆は」とわざわざ言われていますから、弟子たちは自分たちが耳にしていた「うわさ」をイエス様に伝えたらいいだけです。それほどプレッシャーはない。「洗礼者ヨハネ」、「エリヤ」、「昔の預言者」、彼らは耳にしたことをそのままイエス様に伝えます。もしかすると彼ら弟子たちも、イエス様のことをそのように思っていたのかもしれません。
 これらの答えを、イエス様は満足しながら聞いていたのでしょうか。「よしよし、よく分かっている」と、笑みを浮かべながら、弟子たちの答えを受け止めていたのでしょうか。そうだとすると、「それでは、あなたがたはわたしを何者だというのか」という問いはなかったと思います。人のうわさはよくわかった。じゃああなたがたはどう思っているのかとイエス様は問われます。
 わたしはいつもこの場面を読むときに、自分がその場にいたらどう答えるだろうかと考えてしまいます。みなさんも少し頭に思い浮かべてください。イエス様って一体、何者なのでしょうか。どういうお方なのでしょうか。悲しいときに寄り添ってくれる方、つらいときに元気づけてくれる方、うれしいときに一緒に喜んでくれる方、今一つピンと来ないという人も当然おられることでしょう。
 イエス様と寝食を共にしていた弟子たちにとって、「イエス様って何者なのだろう」という疑問は、とても身近なものだったと思います。そのとき口を開いたのはペトロでした。ペトロは「神からのメシアです」と答えます。原文どおりだと、「神のキリストです」となります。このペトロの「あなたは神のキリストです」という言葉は、「わたしはあなたのことを、救い主と信じます」という信仰告白です。
 ペトロの信仰告白を聞いたイエス様は、とても大事なことを語られます。「受難予告」です。なぜこのタイミングで、イエス様はこのことを伝えなければならなかったのでしょうか。それは、ペトロが思う「キリスト」と、神さまのみ旨が必ずしも一致しない、それどころか反対を向いてさえいたからです。
 イエス様は告げられます。神のキリストは、受難のキリストであると。そしてそれは神さまのみ心でした。苦しみの中にいる人のそばに寄り添い、悲しむ人と共に泣き、そして自分の力で神さまの元に立ち返ることのできないすべての人のために、十字架につけられ血を流す。わたしたちと神さまとが再びよい関係に戻るために、そのためにイエス様は遣わされたのです。
 イエス様は、そのようにわたしたち一人一人に関わってくださるのです。

6月16日 三位一体主日・聖霊降臨後第1主日(ヨハネ16:12〜15―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

言っておきたいことは、まだたくさんあるが、今、あなたがたには理解できない。
(ヨハネによる福音書16章12節)

 聖霊降臨日の一週間後にあたるこの日曜日は、三位一体主日です。「父と子と聖霊」なる神さまのみ恵みが、わたしたちに与えられていることを覚える日です。
 日本聖公会では教会暦に従って、聖書箇所が決められていきます。毎年同じようにイエス様の誕生を祝い、十字架を嘆き、墓の中のイエス様を覚え、復活を喜び、昇天、聖霊降臨を追体験していきます。しかしそのことで、イエス様の様々な出来事が、当たり前のようになってはいないでしょうか。
 今日のヨハネ福音書の14〜16章には、イエス様の告別説教が書かれています。イエス様は十字架に向かわれる前に、弟子たちに別れを告げます。弟子たちには、不安や恐れが襲い掛かってきたことでしょう。そして弟子たちは思ったはずです。「こんなはずではなかった」と。
 今、わたしたちはどうでしょうか。復活節を終え、聖霊降臨日が過ぎ、三位一体主日を迎えています。毎年の流れのままに、わたしたちがこの主日を迎えているならば、それだけで終わってしまうでしょう。わたしたちの心が満たされ、何の恐れもなく、平安に毎日を過ごしているならば、それですべては大丈夫です。
 しかし心にぽっかりと穴が開き、イエス様の存在が感じられない。まるで2000年前の弟子たちのように、「イエス様、どこへ行ってしまうのですか」、「わたしはどうなってしまうのですか」。こんなはずではなかった。その思いの中、今日を迎えられている方も、きっとおられると思います。
 イエス様はその叫び声をあげる人たちを、見捨てられたのでしょうか。愛する弟子たちに別れを告げ、あとは知らないと去って行ったのでしょうか。今日の聖書の中に、このような言葉がありました。言っておきたいことは、まだたくさんあるが、今、あなたがたには理解できない。
 一見すると、とても冷たい言葉のようにも思えます。あなたたちに言ったところで、無駄だと言わんばかりのニュアンスを感じてしまいます。でもこの言葉の本来の意味は違います。あなたたちには理解できない、そのように訳されているところは、あなたたちには耐えられない、そのような意味を持つ言葉です。
 ただでさえ動揺し、恐れと不安が心を支配している弟子たちに、これ以上なにを語るというのか。そんなことをしても、あなたたちは耐えることができないだろう。だからわたしは、あなたたちのために真理の霊を送るのだ。その言葉は、わたしたちの心にもきっと届いているはずです。
 そしてイエス様が約束された聖霊はわたしたち一人一人に与えられ、わたしたちを導いてくれるのです。

6月9日 聖霊降臨日(使徒2:1〜11―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。
(使徒言行録2章3節)

 本日は聖霊降臨日です。おめでとうございます。聖霊降臨日は復活日(イースター)、降誕日(クリスマス)と並ぶ三大祝祭日です。クリスマスはイエス様の誕生日、イースターは十字架につけられ、墓に葬られたイエス様が復活されたことを覚える日です。では聖霊降臨日(ペンテコステ)は一体どのような日なのでしょうか。
 使徒言行録に書かれている聖霊降臨の出来事が起こったのは、五旬祭と呼ばれるユダヤ人の小麦の収穫祭のことでした。イエス様の弟子たちはそのときに、エルサレムに集まり、祈っていました。エルサレムというと、ユダヤの宗教の中心地です。五旬祭を祝うために、多くのユダヤ人が来ていたことでしょう。五旬祭は過越祭の50日後におこなわれるお祭りです。つまりイエス様は十字架につけられてから、たった50日しか経っていないのです。
 イエス様が十字架につけられたとき、弟子たちはイエス様を見捨てて逃げていきました。復活の朝も、鍵がかかった家の中で震えていました。しかし今日の場面を見る限り、弟子たちは恐れから解放されていたようです。復活されたイエス様が40日の間、一緒にいてくれたということもあるでしょう。そしてイエス様は天に昇られるとき、弟子たちに聖霊を与える約束をします。それを聞いて弟子たちは、エルサレムにとどまっていました。
 では聖霊降臨とはどのような出来事なのでしょうか。使徒言行録には「炎のような舌が分かれ分かれに現われ、一人一人の上にとどまった」とあります。そしてそのとき、一同は聖霊に満たされ“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話し出しました。その言葉は、エルサレムに来ていたあらゆる言語を話す人々の耳に届けられます。そしてそのときに弟子たちが語っていたのは、神さまの偉大な業でした。
 炎のような舌、あらゆる言語で語り出される言葉。これらのことを論理的に証明しようとしても、それは無理だと言わざるを得ません。しかし神さまの業は、2000年前の五旬祭の日に、弟子たちに現されました。彼らはそして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また血の果てに至るまで、イエス様の証人とさせられたのです。
 人間の力だけで福音が語られていたのだとしたら、人間の知恵だけでイエス様のことが伝えられていたとしたら、2000年たった今、こうして世界中のあらゆる場所に、教会は存在し続けていなかったことでしょう。聖霊が注がれ、一人一人に分かる言葉で神さまの業が語られた。それが今も続いている聖霊の働きです。
 この聖霊降臨日は、教会の誕生日とも言われます。弟子たちに聖霊を注いで始められた神さまの業が、教会という共同体を通して目に見えるものとなったのです。

6月2日 復活節第7主日(昇天後主日)(ヨハネ17:20〜26―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

また、彼らのためだけでなく、彼らの言葉によってわたしを信じる人々のためにも、お願いします。
(ヨハネによる福音書17章20節)

 イエス様はご自分が十字架につけられるその前に、弟子たちに二つのことを約束されました。一つは聖霊を与えるということ。そしてもう一つは、必ず帰ってくるということでした。そして今日読まれたヨハネ福音書17章は、まさにイエス様が十字架につけられる直前です。そのときにイエス様は一体何をされたのでしょうか。それは一言で言うと、とりなしの祈りです。
 そしてイエス様は、目の前にいる人たちのためだけではなく、あとからイエス様を信じ、信仰に入った人々のためにも祈られました。つまり、わたしたち一人一人のためにも、イエス様は祈っておられるのです。イエス様とわたしたちは今、面と向かってお話しすることも、肉体をもったイエス様に触れることもできません。しかしイエス様はわたしたちに聖霊を送り、そして祈ってくださっている。そのことを思うときに、何ともいえない温かさを感じると共に、とてもうれしく思います。
 ではイエス様は一体、どのようなお祈りをされているのでしょう。今日の福音書には、何度も出てくる言葉があります。それは「一つ」という言葉です。イエス様が「あなたとわたしとは一つだ」って言われたら、何だかうれしいものです。神さまとの交わりのうちに自分も含まれていると感じることができて、大きな喜びを感じることができます。しかし、「あなたがたが一つとなるように」と言われたときに、少し窮屈さを感じる人もいるかもしれません。今、自分とはまったく違う考えを持っている人がいたときに、果たして「一つ」となれるのだろうか。
 わたしたち一人一人は、違った人間です。物の考え方も違えば、あらゆる出来事に対する捉え方も違います。感情表現の仕方も違いますし、政治に対する見方も人それぞれです。それらのことも含めて、まったく一緒になることは不可能です。しかしイエス様の「一つになる」という言葉は、そのように同じ人間になることを指しているのではありません。
 イエス様は、「わたしたちが一つであるように、彼らも一つになる」と祈られました。神さまとイエス様とが一つであるように、わたしたちも一つとなる。神さまとイエス様の関係の中に、わたしたちも取り込まれていく。それがイエス様の願いなのです。決してイエス様のようにはなれないわたしたちです。しかしイエス様につらなるとき、「あなたとわたしは一つだ」と言ってくださるのです。
 わたしたちは、それぞれ違う。でもわたしたちが集まって、一つになる。みんな一人一人違う。そこには共通点が一つだけあります。それはみな、神さまの子だということです。神さまの子としてイエス様に導かれ、結ばれている。そしてわたしたちはそのことにおいてのみ、一つとなるのです。

バナースペース

日本聖公会 桃山基督教会

〒612-8039
京都市伏見区御香宮門前町184

TEL 075-611-2790
FAX 075-611-2790