本文へスキップ

TEL. 075-611-2790

〒612-8039 京都市伏見区御香宮門前町184



ショートメッセージ2019年9月

9月29日 聖霊降臨後第16主日(ルカ16:19〜31―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

ある金持ちがいた。いつも紫の衣や柔らかい麻布を着て、毎日ぜいたくに遊び暮らしていた。
(ルカによる福音書16章19節)

 ある金持ちの門の前に、ラザロというできものだらけの貧しい人が横たわっていました。そのラザロが死に、そして金持ちも死んだ。それが今日の物語です。
 今日の話は、ファリサイ派の人に対して語られたと思われます。彼らは、このラザロと金持ちの話を聞いて、どう感じたのでしょう。きっとファリサイ派の人は、この話を聞いても、ピンとこなかったと思います。それがどうしたという感じです。金持ちがぜいたくに遊び暮らして、一体何が悪いのか。というのも、金持ちというのは祝福された証だからです。神さまがその人に目を掛けたから、その人の元に富が与えられたのだというのが、この当時の一般的な考え方でした。
 さらに言うと、ラザロのような男、できものだらけの貧しい人は、どう思われていたのか。彼は神さまの罰を受けていると思われていたのです。神さまの怒りが、その人を貧しくし、できものだらけの身体にし、門の前で横たわるしかない状態にしたというのです。
 ではわたしたちは、この話を聞いて何を感じるでしょうか。物理的な門だけではなく、わたしたちの心の門の外を、たくさんの人が行き交います。もしわたしたちが、そこの人のことはおろか、そこに人がいることすら気づかないのなら、この金持ちの話を聞いて「ひどい人だなあ」なんて悠長なことは言っておられないのだと思います。門の内と外。自分たちに祝福が与えられていると思っていた人たちは、その垣根を越えて、境界線を越えて、交わることはしなかった。今、自分たちのそばに神さまがいてくれる。だから大丈夫。それでいい。
 そしてこのままでいいと思っていた人たちは、思い違いをしていたことに気づかされるのです。神さまの祝福は、離れて行く。あえて金持ちと言わず、「このままでいいと思っていた人たちは」、と言いました。それは何故か。イエス様は今ここにいるわたしたち一人一人にも語り掛けておられるからです。
 ラザロという名前には、意味があります。それは、「神は助ける」という意味です。わたしたちも、もともとラザロだったはずです。門の前で「食卓から落ちるもので腹を満たしたいものだ」と思っていたこと、門が開いて招かれたこと、神さまが共にいてくださるという実感を得たこと。しかしそれが当たり前になってしまい、祝福された者として、金持ちとして、次のラザロが現れたときに門を「パシャン」と閉めてしまう。そのような姿が、わたしたちの中にはないでしょうか。
 わたしたちの門の外には、様々な人たちがいます。わたしたちは神さまから助けられた者として、そこに目を向けていきたい。その人たちと共に歩んで行きたい。
 それがイエス様の求めておられることなのではないでしょうか。

9月22日 聖霊降臨後第15主日(ルカ16:1〜13―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

ごく小さな事に忠実な者は、大きな事にも忠実である。ごく小さな事に不忠実な者は、大きな事にも不忠実である。
(ルカによる福音書16章10節)

 「不正な管理人のたとえ」と呼ばれるこの箇所は、とても理解しにくいものです。ある金持ちの財産を預かる管理人がそのお金を無駄遣いしており、それを誰かに告げ口されたそうです。主人は管理人に会計の報告を出すように言います。その結果管理人は、窮地に陥ります。
 普通であれば、ひたすら謝って損害を賠償する約束をするところでしょう。「どうか職だけは奪わないでください。明日から生きていけなくなります」と、主人に泣いて懇願するかもしれません。
 しかしこの管理人のとった行動は、それとは全く違うものでした。管理の仕事がなくなったときに、土を掘ることなどできない、物乞いも恥ずかしい。だからこう考えるのです。「管理の仕事をやめさせられても、自分を家に迎えてくれるような者たちを作ればいいのだ」。そしてこの管理人は、主人に借りのある人を一人一人呼び、証文を書き替えます。油や小麦の負債欄にある100という数字を50や80に、つまり借金を減らしていくのです。
 金持ちの主人はこの管理人によって、またしても自分の財産を減らされてしまいました。管理人の無駄遣いによってまず減らされ、そして証文を書き替えられることによってさらに減らされてしまいます。普通であれば、この管理人は主人にこっぴどく怒られることでしょう。すぐに追い出されても仕方のないことです。ところが主人はこの不正な管理人の抜け目のないやり方をほめたというのです。
 わたしたちの常識の中では、到底理解できないことです。主人は管理人の何をほめたのでしょうか。一つ挙げるとすれば、こういうことかもしれません。管理人は徹底して、「富」に対して忠実でした。どんな手を使っても、富から離れないようにする。たとえそれが不正にまみれたやり方であったとしても、富に対して常に忠実であったのです。
 このたとえは、弟子たちに語られました。弟子たちはイエス様に従っていました。しかし弟子たちの信仰は、中途半端なものでした。イエス様に従うと言っておきながら、十字架につけられるイエス様を見捨ててしまいます。
 またこのたとえは、聖書を通じてわたしたちにも語られています。わたしたちはどうでしょうか。神さまの恵みに忠実に生きているでしょうか。
 「ごく小さな事に忠実な者は、大きな事にも忠実である。ごく小さな事に不忠実な者は、大きな事にも不忠実である」とイエス様は言われます。
 わたしたちは何に忠実であるべきか、そして徹底的に忠実であるのか、イエス様は問いかけているのかもしれません。

9月15日 聖霊降臨後第14主日(ルカ15:1〜10―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

あなたがたの中に、百匹の羊を持っている人がいて、その一匹を見失ったとすれば、九十九匹を野原に残して、見失った一匹を見つけ出すまで捜し回らないだろうか。
(ルカによる福音書15章4節)

 今日のたとえを、なぜイエス様は語られたのでしょうか。それはファリサイ派の人々や律法学者たちが不平を言っていたからです。「この人は罪人たちを迎えて、食事まで一緒にしている」と。ほっとけばいいじゃないか、そう思うかもしれません。でも彼らはいつも、自分たちは正しい、自分たちこそ救われるべきだと思っていました。また彼らは、罪人や徴税人と付き合うことはしませんでした。汚れた人と一緒にいると、自分たちまで汚れると信じていたからです。しかしイエス様は、そのような人たちと一緒になって、食事までしていたのです。
 その不平に対して、イエス様が語られたたとえが羊飼いのたとえでした。イエス様は言われます。「あなたがたの中に、百匹の羊を持っている人がいて、その一匹を見失ったとすれば、九十九匹を野原に残して、見失った一匹を見つけ出すまで捜し回らないだろうか」と。
 これを聞いていた人たちは多分、「そんなことはしない。そんな一匹を捜すなんてありえない」と首を振ったと思います。たしかに羊は大切です。でも群れからはぐれたということには、それなりの理由があります。弱ったから、ケガをしたから、ついていけなくなったからはぐれたのです。仲間に見捨てられたのです。
 その一匹がいることで、自分たちまで危険にあうかもしれない。巻き添えはくいたくない。だから群れからはぐれていくその一匹に気づきながら、99匹の羊は何食わぬ顔で羊飼いの後をついていった。普通であればそれで終わりです。
 イエス様はしかし、言われます。その羊飼いは、いなくなった一匹を見つけ出すまで捜し回るのだと。この羊飼いの姿は、神さまの姿です。神さまとはどういうお方なのか、神さまはどのようにわたしたちに関わってくださるのか、そのことをイエス様は語っておられるのです。
 わたしたちにも迷い、うずくまり、歩むことができなくなるときがあるでしょう。自分の弱さや罪を感じ、どうすることもできずにブルブルと震えている。まるで一匹の羊のようなわたしたちのもとに、神さまが捜しに来て下さるのです。神さまの方からわたしたちのもとに来られるのです。
 ここで覚えておきたいことがあります。それは羊が心を入れ替えたから、見つけてもらったのではないということです。神さまが一方的に捜されるのです。わたしたち一人一人のことが大切だから、何よりも優先して、他のことなどほっといて、捜し回ってくださるのです。
 その神さまの愛を感じ、大きな喜びの中に招き入れられることで、わたしたちは変えられるのです。

9月8日 聖霊降臨後第13主日(ルカ14:25〜33―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

大勢の群衆が一緒について来たが、イエスは振り向いて言われた。
(ルカによる福音書14章25節)

 今日の福音書には、「弟子の条件」という小見出しがつけられています。普通、弟子の条件というと年齢や資格、経験などを思い浮かべますが、イエス様は「弟子ではない条件」を語られます。今日の箇所には、「わたしの弟子ではありえない」という言葉が三度も出てきます。
 わたしの弟子ではありえないのは、どのような人なのでしょうか。イエス様はこのように言われます。家族や自分の命を憎まない者、自分の十字架を背負わない者、自分の持ち物を一切捨てない者。
 一つ一つ、とても厳しい言葉です。たとえば一つ目の家族や自分の命を憎めという言葉。わたしたちのもつイエス様のイメージとかけ離れているようにも思います。しかしこの「憎む」という言葉は、呪うとか敵対心をむき出しにするということではなく、捨てるとか無視するという意味が強い言葉です。自分の家族や自分の命のことはどうでもよい。憎むし、捨てるし、背を向ける。関係を断った上で、わたしの元に来なさいとイエス様は言われるわけです。
 自分の持ち物を一切捨てるという言葉にも目を向けたいと思います。自分の持ち物とは財産のことを指します。その当時、財産といえば、お金だけではなく、建物や土地、奴隷や家畜も含まれていました。その多くは、先祖が残してくれたものです。弟子になりたいのであれば、先祖との関係も断ちなさいと、イエス様は言われるのです。そしてイエス様は、二つのたとえを語られました。
 たとえを通してイエス様はこのように言われます。お金のこと、戦いのこと、そういうときには、腰をすえて考えるのではないか。それであれば、わたしに従うのかどうか、腰を据えて考えないことがあろうかと。
 イエス様に従うということは、そんなに簡単なことではないのです。単純に「こっちの方がいい」で済むようなことではありません。確かに今の世の中では、信仰を表明したからといって、迫害を受けたり、殺されたりということはあまり聞きません。でもだからといって、わたしたちが何となく教会に来ているだけだとしたら、イエス様の周りに群がっていた群衆と何ら変わりがないのではないでしょうか。そうではなく、わたしたち一人一人に、決断が求められているのです。
 腰をすえて、考えるのです。自分の家族や自分の財産に頼って生きていくのか。それともイエス様に頼り、イエス様にすべてを委ねて歩んで行くのか。イエス様の弟子となること、それは何よりもまずイエス様にのみ信頼を置くことです。自分は自分の力だけで生きているのではない。キリストによって生かされている。そのことを心の底から感じ、歩んで行くことが大切なのです。

9月1日 聖霊降臨後第12主日(ルカ14:1、7〜14―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。
(ルカによる福音書14章11節)

 ユダヤ人は、食事を社会的な儀礼として捉えていました。つまり、どこで、だれと食事をするのかということをとても大切にしていたのです。さらにその食事の場で、どの席につくとよいのかということも大事です。この食事の様子を見ると、その人の社会的なステータスがわかりました。そして人々が上席を好むのには、わけがあったのです。上席に座るということ、それは自分がそれだけの地位にあると考えたからだし、人からそう見られたいからでした。つまり自分はその場所にふさわしい者だと考えたのです。そして上席から末席を見下ろして、自分のおかれた場所に満足する。それがユダヤでの食事の風景だったのです。その様子をイエス様は見ておられました。そしてたとえを語られたわけです。「あなたが婚宴に招待されたら」と。
 婚宴とは、神の国の宴会のことです。あなたたちが神の国の宴会に招待されたらどうするか、とイエス様は語り始められます。わたしたちが神の国の宴会に呼ばれる。そのときに、それは当然だ、わたしは呼ばれるだけのことをした。呼ばれてしかるべき理由がわたしにはある。そのように考える人はいるでしょうか。
 わたしたちが誰かを食事に誘うことを思い浮かべてみてください。わたしたちは誰を誘うでしょう。家族や親戚、お世話になった人、仕事仲間や友人、これから関係を持ちたい人など。しかし神さまにとって、わたしたちはそのような関係にあるのでしょうか。
 神さまからみて、わたしたちはちっぽけな一人一人です。何度も罪を犯し、神さまに背き、本当であれば神さまに見棄てられても何らおかしくない一人一人です。その神さまから、招待状が来るのです。半信半疑です。この招待状のあて名は間違っているのかもしれない。だまされているのかもしれない。でも恐る恐る招待状を手に、指定された場所についたら、「お待ちしておりました」と迎えてくれる。
 通された部屋は、大きな広間です。もしわたしたちが心の底から、わたしなんてふさわしくない、場違いだと思うのであれば、上席なんかにつくことができるでしょうか。謙遜に、ということではないのです。わたしたちは自分のことをちゃんとわかっているのか、そしてそれでも招いてくださる神さまのお恵みに気づいているのか、そういうことだと思います。
 末席で、ただじっとしているわたしたちの姿を見て、招かれた神さまはこう語り掛けます。「さあ、もっと上席に進んでください」と。この「さあ」という言葉、実は原文では、「友よ」という意味の言葉が使われています。あなたは場違いではない。招きに応じたあなたは神さまにとって、友なのです。かけがえのない存在なのです。
 そのことをわたしたち一人ひとり、覚えていきたいと思います。

バナースペース

日本聖公会 桃山基督教会

〒612-8039
京都市伏見区御香宮門前町184

TEL 075-611-2790
FAX 075-611-2790