本文へスキップ

TEL. 075-611-2790

〒612-8039 京都市伏見区御香宮門前町184



ショートメッセージ2019年10月

10月27日 聖霊降臨後第20主日(ルカ18:9〜14―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

自分は正しい人間だとうぬぼれて、他人を見下している人々に対しても、イエスは次のたとえを話された。
(ルカによる福音書18章9節)

 ファリサイ派の人と徴税人。二人の人物が今日のイエス様のたとえに登場します。この二人は、とても対照的な祈りをしました。ファリサイ派の人は神さまに感謝をささげ、徴税人は神さまに、ただ憐れみを求めた。その結果、義とされて家に帰ったのは、徴税人であったというのが、イエス様のたとえの内容でした。
 イエス様はこのたとえを誰に対して語られたのでしょうか。それは、自分は正しい人間だとうぬぼれて、他人を見下している人々に対してでした。「うぬぼれる」という言い方にはかなり否定的なニュアンスが感じられます。口語訳聖書では、このように訳されていました。「自分を義人だと自任して他人を見下げている人たちに対して」。うぬぼれるとは、自任する、つまり自分を頼りにすることです。
 自分の正しさを頼りにする、よりどころにする。それがファリサイ派の人たちの生き方でした。律法に決められた、守るべきことをしっかりとおこなう。時にはそれ以上のことまでする。そのことで、自分は神さまの前に正しい者となるはずだ。わたしはこれだけのことをしてきました。わたしはいつもこういうことを守っています。その行為によって、自分を正しさの中に立たせようとしたわけです。
 徴税人とファリサイ派の祈りに戻りましょう。二人の祈りには、大きな違いがあります。それはファリサイ派の人が、「わたしは」と自分の正しさを神さまに伝えたのに対し、徴税人はこのように言います。「わたしを」と。
 わたしたちが今、ここにいること。そして神さまを賛美し、礼拝していることは、自分の力で成しえたことでしょうか。そうではありません。神さまが「わたしを」呼んでくださったから、「わたしを」憐れんでくださったから、「わたしを」一方的に愛して下さったから、わたしたちは生かされているのです。
 でもそれが、「わたしは」となったときに、神さまとの関係は「自分で得たもの」となってしまう。自分がこれだけのことをしたから、正しい者となれた。そうではないとイエス様は言われているのです。
 わたしたちの祈りには、「わたしは」という思いが入っていないでしょうか。わたしたちもいつの間にか、ファリサイ派のように自分の行いによって、自分を正しい者だと自任してはいないでしょうか。
 徴税人は神殿に上ったものの、遠くに立っていました。目を天に上げようともしませんでした。彼にはきっと、周りの人など見えなかった。ファリサイ派が「この徴税人のような者でもないことを感謝します」と祈ったのとは対照的に、自分の内面だけを顧みて、ただただ憐れみを求めたわけです。
 神さまはその祈りをよしとされるのです。

10月20日 聖霊降臨後第19主日(ルカ18:1〜8a―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

イエスは、気を落とさずに絶えず祈らなければならないことを教えるために、弟子たちにたとえを話された。
(ルカによる福音書18章1節)

 先週から今週にかけて、東日本を中心に襲った台風19号の被害状況が明らかになってきました。多くの河川が氾濫し、家は流され、道路や線路は寸断され、そして80名近くの方々が犠牲になりました。今も多くの方が避難所や、屋根が飛ばされ泥のにおいが立ち込めた家で生活をされています。水や食料は足りているのだろうか。寒くなってきたけれども、あたたかい服はあるのだろうか。わたしたちには何が出来るのだろうか。ご一緒に考えていきたいと思います。
 「なすすべがない」というどうしようもない状況をあらわす言葉があります。自然災害のときに、また家族のことやご自身のことで。わたしたちは様々なことで心を痛め、なすすべがなくなってしまう。今日の福音は、今、そのように感じている人に対して、語られているのかもしれません。
 イエス様の語ったたとえに登場するのは、やもめと裁判官です。聖書に出てくるやもめというのは、夫を失った女性のことを指します。子どもがいれば、やもめの生活も何とかなっていたかもしれませんが、子どもがいない場合、彼女の面倒を見てくれる人はいないに等しかったようです。このやもめが一人の裁判官に訴えます。「相手を裁いて、わたしを守ってください」。何が起こったのかは詳しく書かれていません。しかし彼女はなすすべがない状況で、必死に訴えたのでしょう。
 ところがその裁判官は、神を畏れず、人を人とも思わない人でした。彼は最初、やもめの訴えを取り合おうとはしませんでした。しかし何度もしつこく、ひっきりなしに裁判官のところに行って訴えるやもめの姿に、裁判官は根負けして裁判をすることにします。それはやもめの言い分が正しいことに気づいたからでも、やもめを助けてやりたいと思ったからでもありませんでした。「うるさくてかなわない」というのがその理由だったのです。
 イエス様はこのたとえを、気を落とさずに絶えず祈るようにという思いを込めて語られます。この言葉は今、「なすすべがない」思いを持って立ち尽くしているわたしたちの元にも届いています。わたしたちに必要なのは何なのでしょうか。それは昼も夜も叫び求めることです。「神さま、何とかしてください」、しつこく、執拗に、ひっきりなしに祈り求める。その祈りの姿勢を、イエス様は良しとされる。あなたがたはそのように祈りなさいと命じておられるのです。
 不正な裁判官ですら、やもめの訴えに耳を傾けました。では神さまはどうでしょうか。裁判官にとって、やもめはどうでもよい存在でした。では神さまにとって、わたしたちはどのような存在なのでしょうか。
 神さまはわたしたちをほうってはおかれません。祈りは必ず聞かれます。

10月13日 聖霊降臨後第18主日(ルカ17:11〜19―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

声を張り上げて、「イエスさま、先生、どうか、わたしたちを憐れんでください」と言った。
(ルカによる福音書17章13節)

 イエス様は弟子たちと歩いていました。彼らが通ったのは、サマリアとガリラヤの間にある村です。ガリラヤのあるユダヤと、サマリアとは敵対していました。そのため国境であるこの村は、危険ととなり合わせでした。
 その国境の村に、10人の人が住んでいました。彼らは「重い皮膚病」を患っていました。「重い皮膚病」とは、宗教的に「汚れている」とされた病気の名前です。この病気になると、その人は神さまから呪われたのだと思われました。そして交わりから締め出されます。身体的にも、そして精神的にも差別をされ、住んでいた村も追い出され、彼らが行きついた先は人の住まない国境の村だったというわけです。
 彼らは、イエス様が近くを通られることを知ります。そしてイエス様を見ると、彼らは遠くの方から声を張り上げて、「イエスさま、先生、どうか、わたしたちを憐れんでください」と叫ぶのです。彼らの願いは「憐れんでほしい」ということでした。「病気をいやして欲しい」という直接的な願いではなく、「憐れんでほしい」。この言葉の中には、どんな思いが込められているのでしょう。「イエス様、わたしを見捨てないでください」、「一人の人間として受け入れてください」、「わたしと一緒に泣いてください」。そう声を張り上げて叫ぶ彼らの姿を、わたしたちはどのような気持ちで見るのでしょうか。わたしたちもそのように叫んだことはなかったでしょうか。
 イエス様はその10人の姿を見て、「祭司たちのところに行って、体を見せなさい」と告げられます。彼らはその言葉を聞いて、急いで祭司のところに向かったことでしょう。ここまでで、十分奇跡物語は完成しています。しかしここで話は終わりません。祭司のもとに向かう途中で、彼らは自分たちがいやされたことに気づきます。
 9人はイエス様が言われた通りにします。聖書で定められたとおりに、祭司に体を見せます。さらに一定の期間を経て、祭司に「あなたは治った」と宣告してもらい、特別のささげ物をし、共同体に戻っていく。彼らは決められたことを、自分の力でおこないました。掟を守り、律法の手順に従い、そして共同体に戻っていく。彼らはいつしか、自分の力で病気を治したように思ったのかもしれません。
 それに対しサマリア人は、大声で神さまを賛美しながら戻って来て、イエス様の足もとにひれ伏して感謝しました。彼はイエス様にいやされたことを、心から感謝しました。イエス様の後ろに、神さまの大いなる恵みを感じたのです。だからその恵みに、賛美をささげずにはいられませんでした。これが彼の信仰です。
 わたしたちもまた、神さまからたくさんの恵みをいただいています。そのときに、イエス様の元に心を向けているでしょうか。こんなに小さな自分にさえ、目を掛け、愛してくださる神さまに、「ありがとう」と祈っているでしょうか。
 「立ち上がって行きなさい」、その言葉を聞きに、イエス様の元に向かいましょう。

10月6日 聖霊降臨後第17主日(ルカ17:5〜10―印刷用PDFはこちら

○○○○○○○○イメージ

主は言われた。「もしあなたがたにからし種一粒ほどの信仰があれば、この桑の木に、『抜け出して海に根を下ろせ』と言っても、言うことを聞くであろう。
(ルカによる福音書17章6節)

 皆さんは、自分の信仰について、どのように思っていますか。信仰という言葉を調べてみますと、「神や仏などを信じること。また、ある宗教を信じて、その教えをよりどころとすること」とあります。ですからイエス様を信じ、その教えをよりどころとすることと言い換えることができるかもしれません。
 イエス様の十字架と復活を信じ、ご自分の愛唱聖句を心のよりどころにするという方もおられるでしょう。しかし今日の場面の前に書かれているルカによる福音書の17章1節から4節のような言葉を告げられたら、厳しさのあまり、どうしてよいのか戸惑ってしまうかもしれません。たとえばイエス様は、「一日に七回あなたに対して罪を犯しても、七回、『悔い改めます』と言ってあなたのところに来るなら、赦してやりなさい」と言われます。しかし一回でも心から赦すことができない現実を知っているときに、「はい、許します」と簡単に言えないのです。だから彼らはイエス様に訴えました。「イエス様、わたしどもの信仰を増してください」と。
 わたしたちは今、どのような思いでこの言葉を受け止めているでしょうか。それぞれ立場は違います。毎日の生活の仕方も違います。しかしその中で、イエス様の教えをすべてのよりどころにできるのか、厳しい言葉もすべて、よりどころとして歩めるのか。そのように問われたときに、わたしたちはどう応えることができるのでしょうか。「イエス様、わたしどもの信仰を増してください」、そのように願った使徒たちの気持ちが、よく分かるのではないでしょうか。
 しかしイエス様はその願いに対して、このように言われます。「もしあなたがたにからし種一粒ほどの信仰があれば」と。そう言われたときに、再びこの思いにとらわれるかもしれません。「信仰って何?」。
 信仰というもともとの言葉には、このような意味もあります。それは「信頼して委ねる」ということ。たとえば海で、水に浮くにはどうしたらいいでしょうか。体の力を抜くのです。すーっと息を吐いて、水の動きに身を委ねるのです。必死に自分の力で浮こうと、バシャバシャしてもいけません。体を硬直させてもいけません。
 わたしは神さまとわたしたちの関係も、そのようなものだと思っています。神さまにすべてを委ね、力を抜くとき、神さまは温かくわたしたちを包み込み、導いてくださる。自分の力で許さなきゃ、自分の力でイエス様についていかなくちゃ、必死に手足をバタバタしなくていい。すべてを神さまよろしくと、お任せするのです。
 からし種の信仰って、ちっぽけです。よく見ないと分からないかもしれない。でも神さまは、そんな小さな思いを大切にされ、豊かにしてくださるのです。

バナースペース

日本聖公会 桃山基督教会

〒612-8039
京都市伏見区御香宮門前町184

TEL 075-611-2790
FAX 075-611-2790