本文へスキップ

TEL. 075-611-2790

〒612-8039 京都市伏見区御香宮門前町184



礼拝堂ツアー

まず入り口に向かいましょう

○○○○○○○○イメージ

@「教会の外観」

二階が礼拝堂、一階はホールになっています。
右手にはスロープもあります。


○○○○○○○○イメージ

A「教会の入り口」

玄関の鬼瓦をよく見ると、鳩とオリーブが刻まれています。
また軒丸瓦には十字が刻まれています。


さあ、中に入りましょう

○○○○○○○○イメージ

B「入り口の右側」

入り口右手にある、イエス様の十字架像です。
このイエス様は祭服を着ています。
これは復活の姿をあらわしています。


○○○○○○○○イメージ

C「入り口の左側」

入り口左手には受付があります。
日曜の礼拝に来られた時にはここに名前を書き、週報などを受け取ります。


礼拝堂のある二階にあがります

○○○○○○○○イメージ

D「礼拝堂への階段」

懐かしい匂いがする木の階段です。
エレベータも設置してあります。
ご利用の際にはご遠慮なくおっしゃってください。


○○○○○○○○イメージ

E「礼拝堂への扉」

階段をあがったところです。
とびらの向こうが礼拝堂です。


さあ、礼拝堂に入りましょう

○○○○○○○○イメージ

F「礼拝堂に入ったところ」

扉をあけると、このような景色が目に飛び込みます。
この礼拝堂は1936年に宮大工によって建てられました。
その後耐震工事もおこなわれています。


○○○○○○○○イメージ

G「礼拝堂の後ろ」

礼拝堂の後ろには、聖書・祈祷書・聖歌集などが置かれています。
これらの本は礼拝の時にお貸ししますので、お気軽に礼拝にいらしてください。


もう少し、周りを見渡してみましょう

○○○○○○○○イメージ

H「彫刻」

礼拝堂入り口左手にある木彫りの絵画です。
ダヴィンチの最後の晩餐が彫られています。


○○○○○○○○イメージ

I「洗礼盤」

礼拝堂後方にある洗礼盤です。
ふたを開けると水を入れる所が出てきます。
上から見ると八角形です。


では、礼拝堂の前に進みましょう

○○○○○○○○イメージ

J「聖卓」

会衆席から奥まったところにあります。
聖餐を受ける時は赤い座布団の所まで進みます。


○○○○○○○○イメージ

K「説教台」

キリスト教の暦に合わせて色が変わります。
緑の他、白、赤、紫の期節があります。


礼拝堂の正面を見てみましょう

○○○○○○○○イメージ

L「十字架像」

正面には十字架像が掲げられています。
この十字架像は鎌倉彫です。
十字架の前にあるのは聖卓です。


○○○○○○○○イメージ

M「十字架のアップ」

光の加減で赤く見えますが、上の十字架を近くから撮ったところです。
入り口の物と同様、イエス様は祭服を着ています。


その他のところも見ておきましょう

○○○○○○○○イメージ

N「オルガン」

礼拝で使用しているオルガンです。
足踏み式の懐かしい音が響きます。
ストップもついています。


○○○○○○○○イメージ

O「会衆席」

椅子もすべて木の物を使用しています。
真っ赤な絨毯が木の床に映えます。
冬場は電気カーペットが敷き詰められます。


○○○○○○○○イメージ

P「天井」

P天井は洋小屋組になっています。
船の底がイメージされています。


○○○○○○○○イメージ

Q「ガラス」

窓には障子を原型とする黄色い色硝子がはめられています。
どうぞ一度礼拝にいらしてください。

※見学をご希望の場合は一度お電話ください。
幼稚園の保育時間には、見学をお断りする場合もあります。



バナースペース

日本聖公会 桃山基督教会

〒612-8039
京都市伏見区御香宮門前町184

TEL 075-611-2790
FAX 075-611-2790